国立音楽大学

鍵盤楽器専修

音楽学部 演奏・創作学科 鍵盤楽器専修

「弾き手としての魅力」を発見し、引き出す

学生の感性や個性を伸ばし、演奏はもちろん、それに限らず音楽とともに歩む人生の実現を目指します。個人レッスンに加え、1・2年次では必修として「鍵盤楽器基礎」があり、楽譜を立体的に読む、舞曲のステップを実際に身体で表現する、連弾・2台ピアノ演奏、指導法など鍵盤楽器専修生として必要なさまざまな基礎を学びます。さらに3・4年次では、「鍵盤楽器ソリスト・コース」「ピアノ・コース」「アンサンブル・ピアノ・コース」「ピアノ指導コース」等が用意されており、学生は各々の可能性を広げて夢に向かってチャレンジできます。

学びの特長

  • さまざまな分野で生かせる音楽性と知性を育てる
  • 一人ひとりの個性と感性を重んじた教育
  • 連弾、アンサンブルをはじめとしたグループレッスンの充実

カリキュラム

鍵盤楽器専修カリキュラム

授業紹介

専門実技(ピアノ)

ピアノの基本的な技術を学ぶとともに、豊かな表現力を養い、時代様式にそった演奏法を修得します。

専門実技(オルガン)

運指法やアーティキュレーション、タッチなどの技術面と表現力の修得、更に時代と国(地域)で異なる各様式について、総合的に学びます。

専門実技(電子オルガン)

基礎の見直しから編曲・作曲の技法、ソロ作品の創作まで学び、「自分の音楽」としてアピールできる表現を修得していきます。

ピアノ指導研究

各学生が1名のスクーリング生を2年間指導し、適切な指導の在り方を探究しながら実践的な力を身につけ、質の高い指導者を目指します。

鍵盤楽器基礎

ピアノ演奏の基礎となるリズム・メロディー・ハーモニーを一体として学び、より音楽的に演奏できる表現力・読譜力を身につけます。

アンサンブル演習

弦・管楽器とのアンサンブルに必要な知識や技術、さらには心構えを会得し、ピアノの役割を考慮した演奏力と問題解決能力を養います。

在学生メッセージ

作曲家が生きた時代背景を深く知ることで
「説得力のある演奏家」を目指しています

北原 義嗣さん
KITAHARA Yoshitsugu
演奏・創作学科 鍵盤楽器専修(ピアノ) 4年
国立音楽大学附属高等学校(東京都) 出身

ピアノ独奏の作品に加え、大学で連弾や2台ピアノを学んだことは、一つの音楽を二人で創り上げる貴重な経験になりました。また鍵盤楽器講義では、歴史的なピアノのメカニズムについて詳細な知識を得ることができました。現在、ソリスト・コースにおいて作曲家とその時代背景を深く学ぶなか、「説得力のある演奏家」に近づけるよう、日々努めています。

教員メッセージ

「教える」ことは「教わる」こと

近藤 伸子
KONDO Nobuko
鍵盤楽器専修
専門:ピアノ

実技レッスンでは、感性と表現力を磨くとともに、演奏の基礎となる、自然で無理のない奏法(脱力)をぜひ身につけてほしいと思います。また素晴らしい図書館や楽器学資料館を活用して、作品の歴史的背景など、幅広い知識を吸収してください。私自身教えることを通じて学ぶことが多々あり、皆さんとともに成長して行ければ、と願っています。

プロフィールはこちら

教育目標

  本専修では幅広い音楽的知識、確かな演奏技術と表現力の修得を通して、演奏家、指導者などさまざまな音楽分野で活躍できる力を養成します。更に音楽のみならず広く社会に貢献できる見識を備えた人材を育成します。

アドミッション・ポリシー

演奏家、指導者として社会で活躍することを望み、真摯に音楽と向き合い、意欲を持って自己を高めようと努力できる人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

  基礎課程では、音楽の三要素であるリズム、メロディー、ハーモニーを一体として学び、音楽的表現に結びつけ実際の演奏に活かすことができる技能を修得するとともに、鍵盤楽器学や楽曲の分析、演奏解釈など、演奏の基盤となる音楽的知識を身につけます。  専門課程では、作品分析や教材研究を含めたより専門的で多角的な知識を深めます。個々の希望や進路に沿ってアンサンブルや指導法などを学ぶこともでき、様々な音楽分野や社会での実践力を高めます。  基礎課程、専門課程を通じて学ぶ専門実技では、各時代、様式の広範なレパートリーを修得することにより、自己表現を可能とする真の演奏技術を磨きます。

ディプロマ・ポリシー

確かな教養的学知の上に音楽について深く考える事ができると共に、創意工夫を重ね自己表現を可能とする高い演奏技術を身につけている事が必要です。様々な音楽分野、社会で活躍する為に、真摯に音楽と向き合い芸術を探求する力、行動する力が求められます。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから