国立音楽大学

音楽情報専修

音楽学部 音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻 音楽情報専修

情報を集め、読み解き、言葉や文字で発信する

私たちにとって身近な存在である音楽について、情報の分析を行ったりビジネスへの展開を考えると同時に、それらを的確に発信していく方法までを学んでいきます。2年次までは音楽の基礎的な技能に加えて情報収集・読解・発信の基礎を学習。3年次からは編集やマネジメントから楽器製作までさまざまな領域での実践・応用力を身につけます。またインターンシップによる実務体験も履修内容に含まれています。本学ならではの音楽の豊かな実践教育と研究基盤に恵まれた環境のもと、幅広い視野と柔軟性を持ち、社会に向けて音楽に関する情報を発信できる人材を育成していきます。

学びの特長

教員のサポートがあるから安心。インターンシップ実習

3・4年次に履修可能な「インターンシップ」という授業では、企業等で実習や研修的な就業体験をすることのできるインターンシップの実施が、履修内容に含まれています。さまざまな音楽の仕事に直接触れることや、卒業後の進路につなげることのできる絶好の機会です。事前事後の指導を十分に行うため、短期間でも充実した実務体験が期待できます。

カリキュラム

カリキュラム

授業紹介

西洋古楽表現

ルネッサンスやバロックといった古い時代の西洋音楽を、リコーダー、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロの演奏によって学びます。

音楽情報を発信する

音楽情報の読解や考察、文章記述、フリーペーパーの作成、さらにはWebページに至るまで、多様な情報発信の在り方を身につけていきます。

アーツ・マネージメント概論

音楽やメディアのマネージメントを学び演奏会などの企画提案力を得ると同時に、現代の音楽へのニーズや自身の考えを探っていきます。

日本伝統音楽表現

三味線、雅楽、筝、囃子といった楽器の演奏を通じて日本音楽固有の様式や表現を学ぶと同時に、洋楽と邦楽の共通点、相違点を探ります。

専門ゼミ(研究発表会)

テーマ選定、研究、進行すべて学生で行い、学習成果を発表します。演奏やパフォーマンスがある発表は、くにたちの音楽研究の伝統です。

在学生メッセージ

音楽を言葉に置き換えて表現する
その難しさ、面白さを実感中

横屋 藍さん
YOKOYA Ai
音楽文化教育学科音楽文化教育専攻
音楽情報専修 4年
国際基督教大学高等学校(東京都) 出身

印象に残っているのは3年次の専門ゼミです。学年全員で一つのテーマを深く掘り下げるのですが、私たちは一つの舞台作品を音楽からのみではなく多角的に捉え、プレゼンを行いました。音楽という言葉でないものを言葉にする難しさを実感した反面、世の中にあふれている情報を自分で消化し、自分の言葉で表現する面白さも学ぶことができました。

教員メッセージ

興味を持ってみれば世の中の音、
全てが音楽になりうる

吉成 順
YOSHINARI Jun
音楽情報専修
専門:音楽社会史、音楽文化論

クラシックやジャズというように、自分の好きなジャンルの音楽にしか興味がない学生もいます。けれども視野を広げることで見えてくるもの、得られるものは想像以上にたくさんあるのです。くにたちでは音楽文化を幅広く学ぶことができるので、ぜひ今まで触れてこなかったジャンルにも興味を持ってもらいたいです。私も学生から最近の音楽の情報などを積極的に聞くようにしています。

プロフィールはコチラ

教育目標

 専修は、音楽に関わる情報を社会において広く探索し、音楽の成り立ちやしくみ、社会における音楽の役割などを、音楽学の方法を基礎としながら、批判的に検証して、その成果を社会に発信する方策を学びます。ジャーナリズム、研究、企画・制作・運営などの仕事を通して、音楽産業のみならず社会の幅広い分野において、音楽と関わりをもって活躍できる人材を養成します。

アドミッション・ポリシー

 音楽に関わる情報を通して、ジャーナリズム、研究、企画・制作・運営などの分野で活躍することを望み、音楽に関する好奇心や探究心のある人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 基礎課程では音楽の基礎的な技能を身につけると同時に、音楽情報の収集・読解・発信の基礎や楽器・音響学の基本などを学びます。専門課程では基礎課程の学びを基礎として、編集やマネージメントの実践的学習、インターンシップによる実務体験、音楽学の講義やゼミ、楽器製作など、さまざまな領域での実践力と応用力を身につけます。
3年次には共同で研究発表会を行い、4年次には個人の研究成果を卒業研究(論文、作品、パフォーマンスなど)として発表します。

ディプロマ・ポリシー

 専修で決められた卒業に必要な単位を取得するのみならず、自ら積極的に情報を収集、それを適切に吟味・解釈・加工し、その結果を社会に役立てる力を有すると認められた人材に卒業資格を認定します。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから