国立音楽大学

音楽療法専修

音楽学部 音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻 音楽療法専修

音楽の秘めたる力を生かす

音楽や音で対象者と対話する音楽療法はとても深くて広い世界です。理論と実践をバランスよく学ぶことで、音楽療法に必要な技術や心構えを身につけます。基礎課程では音楽そのものを深く理解することで、音楽療法や諸分野に関する基礎的な知識を修得します。専門課程では音楽療法のより専門的な技術を学ぶだけでなく、さまざまな領域の障害や疾患への理解を深め、それらに対する音楽を用いた治療法やその効果について学んでいきます。資格取得のための音楽療法士コースもあり、他専修(専攻)の学生も履修することが可能です。

学びの特長

音楽療法士コースで資格取得を目指す

我が国の音楽療法士の資格は日本音楽療法学会が認定しています。本学は「日本音楽療法学会認定音楽療法士資格試験受験認定校」であり、資格試験の受験に合わせたカリキュラムを持つ「音楽療法士コース」が設置されています。

カリキュラム

カリキュラム

授業紹介

障害児教育

障害のある子どもたちの課題やそれらに関する療育・教育を学び、子どもたちにとっての音楽の意味や可能性について研究していきます。

音楽療法研究

即興体験やディスカッションを通して音楽的自己を意識化し、「コミュニケーションとしての音楽の可能性」をさまざまな角度から模索します。

臨床医学論

さまざまな医学分野のうち、精神科領域の障害や疾患について学びます。基礎知識、障害理解、具体的な症状、治療法などを身につけます。

歌唱実習

音楽療法において重要な役割を担う「声」と「音」。歌唱と、ピアノを中心とした伴奏の基礎を学び、発声と演奏の基本技術を修得します。

器楽合奏

楽器の特色や役割を演奏を通して検討し、音楽表現を深め、またセッションを通して身体についても考察します。

在学生メッセージ

先生との距離が近く
専門性を持つ人たちが集まる場

星野 瑞結さん
HOSHINO Miyuu
音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻
音楽療法専修 4年
千葉県立津田沼高等学校 出身

奏者とは違う立場から音楽、そして人と関わりたいと思った私にとって、本専修は最適な場です。音楽療法士コースは先生との距離が近く、学生も専修がそれぞれに違う専門性を持つ人たちが集まるため、参考になる意見をさまざまに聞ける機会も豊富です。その中で自分の引き出しを増やし、将来は音楽と一 緒にその人の持つ可能性をともに探り、提案していきたいですね。

教員メッセージ

感受性を高め、
好奇心を持ってほしい

阪上 正巳
SAKAUE Masami
音楽療法専修
専門:精神医学、音楽療法

授業に対する学生の反応から、難しいことを易しく伝える、現場の生々しさをどう伝えるかといった教え方を学ぶことは多くあります。こうした姿勢は他者の機微を感じることから生まれますが、音楽療法の学びにも同じことがいえます。幅広い分野の知識や臨床技術を身につけるだけでなく、感性を高めて自己や他者の心身の変化を察知する感受性が重要です。

プロフィールはこちら

教育目標

 本専修では、音楽や人間に対する深い理解やグローバルな視野のもと、音楽療法に関わる基本的な知識・理論・方法を学ぶとともに、さまざまな治療場面で柔軟かつ適切に行動できる臨床能力と音楽技能、およびそれらを社会の多様な局面に応用していく能力を養います。「日本音楽療法学会認定音楽療法士」資格取得のためのコースも用意し、より実践的に、専門職としての知識・技能・倫理を兼ね備えた、社会で活躍できる人材を育成します。

アドミッション・ポリシー

 本専修では、音楽や人間に対する深い理解やグローバルな視野のもと、音楽療法に関わる基本的な知識・理論・方法を学ぶとともに、さまざまな治療場面で柔軟かつ適切に行動できる臨床能力と音楽技能、およびそれらを社会の多様な局面に応用していく能力を養います。「日本音楽療法学会認定音楽療法士」資格取得のためのコースも用意し、より実践的に、専門職としての知識・技能・倫理を兼ね備えた、社会で活躍できる人材を育成します。

カリキュラム・ポリシー

 カリキュラムは、「理論」と「実践」をバランスよく学べるように編成されており、お互いに刺激し合いながら積極的に学ぶことが出来ます。基礎課程では、臨床実践の根幹となる「音楽」そのものを重点的に学ぶとともに、音楽療法や関連諸分野に関する基礎的な知識を習得します。専門課程では、より専門的に音楽療法の理論や方法、臨床的音楽技術を学ぶのみならず、心身障害児・者、精神・身体疾患患者、高齢者等、さまざまな領域の障害や疾患の理解を深め、それらに対する治療方法や効果について学習します。また、「音楽療法士」の資格取得を目指す学生のための「音楽療法士コース」では、実際に学外の障害者施設、医療機関、高齢者施設等に赴いて臨床実習を行い、より実践的な対応能力や、音楽療法士に求められる倫理等を学びます。他学科・他専修(専攻)の学生もこのコースを履修することが可能です。

ディプロマ・ポリシー

 専修で決められた卒業に必要な単位を取得するだけでなく、人間や疾病・障害に対する十分な理解の上に、音楽の多様な治療作用や影響を認識し、それらをさまざまな場面で柔軟・適切に生かすことのできる応用力と音楽技能を持った、社会で活躍できる人材であることが求められます。またコース教育では、音楽療法に関するより専門的な知識、現場対応能力、臨床的音楽技能、および療法士に求められる倫理等を兼ね備えた、「音楽療法士」資格に相応しい資質を備えることが求められます。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから