国立音楽大学

音楽療法専修

音楽学部 音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻 音楽療法専修

音楽の秘めたる力を生かす

音楽や音で対象者と対話する音楽療法はとても深くて広い世界です。理論と実践をバランスよく学ぶことで、音楽療法に必要な技術や心構えを身につけます。基礎課程では音楽そのものを深く理解することで、音楽療法や諸分野に関する基礎的な知識を修得します。専門課程では音楽療法のより専門的な技術を学ぶだけでなく、さまざまな領域の障害や疾患への理解を深め、それらに対する音楽を用いた治療法やその効果について学んでいきます。資格取得のための音楽療法士コースもあり、他専修(専攻)の学生も履修することが可能です。

学びの特長

音楽療法士コースで資格取得を目指す

我が国の音楽療法士の資格は日本音楽療法学会が認定しています。本学は「日本音楽療法学会認定音楽療法士資格試験受験認定校」であり、資格試験の受験に合わせたカリキュラムを持つ「音楽療法士コース」が設置されています。

カリキュラム

専修紹介

授業紹介

器楽合奏

楽器の特色や役割を演奏を通して検討し、音楽表現を深め、またセッションを通して身体についても考察します。

歌唱実習

音楽療法において重要な役割を担う「声」と「音」。歌唱と、ピアノを中心とした伴奏の基礎を学び、発声と演奏の基本技術を修得します。

音楽療法研究

即興体験やディスカッションを通して音楽的自己を意識化し、「コミュニケーションとしての音楽の可能性」をさまざまな角度から模索します。

in Focus 臨床実習

「音楽療法士コース」の必修。3年次・4年次に病院や高齢者施設、障害児者施設など音楽療法の現場で演奏やクライアントとのやりとりを経験します。実習後には学生・先生方との話し合いで振り返り、考えをより深めます。

Student's Voice 学生の声

音楽と人との関係を考える機会になりました

田中 綾乃 さん
TANAKA Ayano
音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻 音楽療法専修 4年
東京都・筑波大学附属視覚特別支援学校 高等部出身
音楽療法専修+音楽療法士コース

現場では音楽療法のテクニックを学ぶだけでなく、音楽とは何か、音楽と人との関係とはどのようなものかを考える場面に多く出会います。言葉や音をどのように発するか迷い、緊張しながらも、音楽でコミュニケーションがとれた時は喜びを感じます。そのような自身の感情と向き合いながらセッションを経験し、セラピストの先生やクライアントの多様な人間性に触れることで世界が大きく広がりました。

教員メッセージ

人間と音楽との奥深い関係を知る

阪上 正巳
SAKAUE Masami
音楽療法専修
専門:音楽療法、精神医学

音楽療法の基礎にあるのは、人間と音楽との複雑な関係性です。それはとても多様かつ奥深いもので、だからこそ音楽療法は、幅広い対象者にさまざまな方法で応用されているのです。大学ではHow to的な技術や知識だけでなく、人間と音楽とのこの本質的な関係性をなるべくわかりやすくお伝えします。今も世界中で新しい研究が進んでいます。私もみなさんとともに勉強していきたいと思います。

プロフィールはこちら

教育目標

 本専修では、音楽や人間に対する深い理解やグローバルな視野のもと、音楽療法に関わる基本的な知識・理論・方法を学ぶとともに、さまざまな治療場面で柔軟かつ適切に行動できる臨床能力と音楽技能、およびそれらを社会の多様な局面に応用していく能力を養います。「日本音楽療法学会認定音楽療法士」資格取得のためのコースも用意し、より実践的に、専門職としての知識・技能・倫理を兼ね備えた、社会で活躍できる人材を育成します。

アドミッション・ポリシー

 本専修では、音楽や人間に対する深い理解やグローバルな視野のもと、音楽療法に関わる基本的な知識・理論・方法を学ぶとともに、さまざまな治療場面で柔軟かつ適切に行動できる臨床能力と音楽技能、およびそれらを社会の多様な局面に応用していく能力を養います。「日本音楽療法学会認定音楽療法士」資格取得のためのコースも用意し、より実践的に、専門職としての知識・技能・倫理を兼ね備えた、社会で活躍できる人材を育成します。

カリキュラム・ポリシー

 カリキュラムは、「理論」と「実践」をバランスよく学べるように編成されており、お互いに刺激し合いながら積極的に学ぶことが出来ます。基礎課程では、臨床実践の根幹となる「音楽」そのものを重点的に学ぶとともに、音楽療法や関連諸分野に関する基礎的な知識を習得します。専門課程では、より専門的に音楽療法の理論や方法、臨床的音楽技術を学ぶのみならず、心身障害児・者、精神・身体疾患患者、高齢者等、さまざまな領域の障害や疾患の理解を深め、それらに対する治療方法や効果について学習します。また、「音楽療法士」の資格取得を目指す学生のための「音楽療法士コース」では、実際に学外の障害者施設、医療機関、高齢者施設等に赴いて臨床実習を行い、より実践的な対応能力や、音楽療法士に求められる倫理等を学びます。他学科・他専修(専攻)の学生もこのコースを履修することが可能です。

ディプロマ・ポリシー

 人間や疾病・障害に対する十分な理解の上に、音楽の多様な働きや影響を認識し、それらを医療・福祉・教育・地域社会などのさまざまな場面で柔軟・適切に生かすことのできる応用力と音楽技能を身につけている

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから