国立音楽大学

音楽教育専修

音楽学部 音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻 音楽教育専修

音楽性、知性、感性を育み豊かな教育者を目指す

音楽の指導者に求められる、確かな指導力、高い技能、幅広い知識を身につけるためのカリキュラムが整っています。音楽の専門科目、教養科目をバランスよく配置。2年次までの基礎課程で音楽教育の基礎を学び、3年次からの専門課程ではゼミを選び、各自の志向する分野を深く学んでいきます。協働学習を通して学び方や教え方を身につけられるようにするなど、指導者としての将来に生かせる学修の場を大切にしている点も特長の一つです。また、音楽教育系に設けられたコースや演奏・創作系コースを履修し、学修を深めたり広げたりする道も開かれています。

学びの特長

教員志望の学生向けに特別講座を開催

● 教職特別講座A(対象:1・2年次) 教員採用試験の動向・過去問分析、合格者体験談。
● 教職特別講座B(対象:3・4年次) 教員採用試験の動向・過去問分析、面接対策、論作文、集団討論、実技試験対策等。
※講座とは別に2回の模擬試験を行います。

カリキュラム

カリキュラム

授業紹介

音楽教育講義

歌う、奏でる、聴く、創るといった要素から音楽教育を考えつつ、楽器や歴史、他学問からのアプローチや音楽療法に至るまでを学びます。

音楽教育演習(即興演奏法)

身近なものや他者の演奏からつなげて音楽を創り、演奏で自身を表現するとともに即興演奏が持つ教育的な価値や意義、可能性を見出します。

専門ゼミ(コミュニティ音楽)

専門課程では、専門ゼミ(学校教育、リトミック、吹奏楽など)で学びを深め、コミュニティ音楽ゼミでは、音楽ワークショップを企画します。

音楽教育演習(リトミック)

拍子、フレーズ、メロディ等の音楽のさまざまな要素を身体の動きと結び付けて学ぶ方法を、グループワークを通して体得していきます。

演奏発表会

オーディションを通過したグループによるアンサンブルやパフォーマンスのイベント。学生の実行委員会により運営します。

MUSICスペース

地域の方々と音楽を通じて関わることを目的としたイベントで、演奏はもちろん、ワークショップを通じて人と人とのつながりを学びます。

在学生メッセージ

教育現場で必要とされる
即興力が養えた

原 沙和子さん
HARA Sawako
音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻
音楽教育専修 4年
佐賀県立唐津西高等学校 出身

高校までピアノの経験しかなかった私にとって、リトミックの授業はとても印象的でした。拍子やメロディを身体で表現することは新鮮でしたし、先生の教え方もパワフルで衝撃的でした。そのおかげで教育現場で必要とされる即興力が養えたと自負しています。将来はくにたちの先生方のように「音楽を通して自分が楽しんできたことを伝えられる先生」になりたいです。

教員メッセージ

「教師の視点」を身につける

榎本 智司
ENOMOTO Satoshi
音楽教育専修
専門:教職科目

毎年約30人が公立学校の教師として中学校・高等学校の生徒たちの前に立っており、私立学校を含めたくさんの卒業生が全国で活躍しています。本学では、明星大学との提携により「小学校全科」の免許を取得することも可能です。日々の授業では「実践的な指導力」に力点を置いており、「学生」ではなく「教師」の視点で学ぶことを重視しています。

プロフィールはこちら

教育目標

 本専修では、音楽の高い技能と幅広い音楽の知識を学び、仲間とともに豊富で実践的な音楽活動を取り組むことを通して、学校の音楽科教員、音楽教室講師、地域社会の音楽指導者をはじめ、さまざまな分野で活躍できる資質・能力を育成します。社会のさまざまな場面において、創造的に人々の音楽性を引き出し、育て、音楽文化の継承と発展に貢献できる人間性と音楽性が豊かな人材を養成します。

アドミッション・ポリシー

 学校の音楽科教員、音楽教室講師、地域社会の音楽指導者をはじめ、社会のさまざまな場面や分野において、自ら進んで人々の音楽性を引き出し、育てることで、音楽文化に貢献しようとする人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 基礎課程では、音楽家としての資質を伸ばすために、ピアノ、歌唱、リトミック、合唱、様々な楽器を学び、多様な音楽を経験・修得するために、日本音楽、諸民族の音楽、ポピュラー音楽などを学びます。またグループでの音楽活動の方法やアンサンブルのまとめ方など、音楽を指導する際に必要な技術を実践を通して学びます。そして現代社会に必要とされる外国語によるコミュニケーション能力やICTを活用する力を身につけます。
基礎課程における学びと経験を基礎として、専門課程では、多様な講義や演習科目を選択して個性を伸ばすとともに、幅広い内容から選択することのできる必修科目「専門ゼミⅠⅡⅢⅣ」において、現代社会における音楽教育者に必要な技能、知識、批評する力を身につけます。

ディプロマ・ポリシー

 音楽教育者として社会のさまざまな分野で活躍するために必要な力を習得していることが求められます。すなわち、音楽と音楽教育に関する高い技能や幅広い知識を身につけているとともに、教育者として深い人間理解や共感する力をもち、音楽文化の継承と発展のための創造的な企画力と実践力を身につけていることが必要です。

外部リンク

音楽教育専修 Facebook ページ音楽教育専修 Facebook ページ

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから