国立音楽大学

音楽教育専修

音楽学部 音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻 音楽教育専修

音楽性、知性、感性を育み豊かな教育者を目指す

音楽教育者に求められる、「指導」と「音楽」の知識と経験を身につけるためのカリキュラムが整っています。音楽の専門科目、教養科目をバランスよく配置。2年次までの基礎課程で音楽教育の基礎を学び、3年次からの専門課程では8つのゼミから1つを選び、各自の志向する分野を深く学んでいきます。その際の協働学習(コラボレーティブ・ラーニング)を通して学び方や教え方を身につけるなど、指導者としての将来に生かせる学修の場が設けられている点も特長です。希望と選抜によっては音楽教育系に設けられたコースや、演奏・創作系コースを履修する道も開かれています。

学びの特長

教員志望の学生向けに特別講座を開催

● 教職特別講座A(対象:1・2年) 教員採用試験の動向・過去問分析、合格者体験談。
● 教職特別講座B(対象:3・4年) 教員採用試験の動向・過去問分析、面接対策、論作文、集団討論、実技試験対策等。
※講座とは別に2回の模擬試験を行います。

カリキュラム

カリキュラム

授業紹介

音楽教育講義

歌う、奏でる、聴く、作るといった要素から音楽教育を考えつつ、楽器や歴史、他学問からのアプローチや音楽療法に至るまでを学びます。

音楽教育演習(即興演奏法)

身近なものや他者の演奏からつなげて音楽を作り、演奏で自身を表現すると共に即興演奏が持つ教育的な価値や意義、可能性を見出します。

ピアノ教育ゼミ

ピアノ指導法を研究しながら生徒との関わり方や教師の役割を講義と実践で学ぶと共に、作曲家、曲目、演奏解釈についても研究します。

音楽教育演習(リトミック)

拍子、フレーズ、メロディ等の音楽のさまざまな要素を身体の動きと結び付けて学ぶ方法を、グループワークを通して体得していきます。

演奏発表会

オーディションを通過したグループによるアンサンブルやパフォーマンスのイベント。学生の実行委員会により運営します。

MUSIC スペース

地域の方々と音楽を通じて関わることを目的としたイベントで、演奏はもちろん、ワークショップを通じて人と人とのつながりを学びます。

在学生メッセージ

子どもやお年寄り、障害者など
さまざまな人に音楽を届けたい

久慈 裕人さん
KUJI Yuto
音楽文化教育学科音楽文化教育専攻
音楽教育専修 4年
千葉県習志野市立習志野高等学校 出身

高校時代は吹奏楽部でホルンを担当。将来は音楽の教員になりたいと思い入学しました。音楽教育専修では学生同士での合奏などから音楽だけでなく社会性なども学んでいきます。在学中にこうした幅広い知識を身につけ、音楽教諭に限定せず、子どもからお年寄り、障害のある人などさまざまな人に音楽を楽しく伝えられるようになることが今の目標です。

教員メッセージ

自分の音楽を伝えるために工夫することが、
成長につながる

酒井 美恵子
SAKAI Mieko
音楽教育専修
専門:学校教育

音楽の指導者を目指すにあたり大切なのは人と関わることです。どうしたら他者に分かりやすく伝えられるか、工夫することは常に求められます。くにたちでは毎年200名を超える学生が教育実習を行っています。彼らが自分たちの音楽を伝えるために試行錯誤し、成長して帰ってくるのを毎年実感します。模擬授業では現代の学生ならではの発想豊かな方法に、私も学ぶことが多いです。

教育目標

 本専修では、音楽の高い技能と幅広い音楽の知識を学び、仲間とともに豊富で実践的な音楽活動を取り組むことを通して、学校の音楽科教員、音楽教室講師、地域社会の音楽指導者をはじめ、さまざまな分野で活躍できる資質・能力を育成します。社会のさまざまな場面において、創造的に人々の音楽性を引き出し、育て、音楽文化の継承と発展に貢献できる人間性と音楽性が豊かな人材を養成します。

アドミッション・ポリシー

 学校の音楽科教員、音楽教室講師、地域社会の音楽指導者をはじめ、社会のさまざまな場面や分野において、自ら進んで人々の音楽性を引き出し、育てることで、音楽文化に貢献しようとする人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 基礎課程では、音楽家としての資質を伸ばすために、ピアノ、歌唱、リトミック、合唱、様々な楽器を学び、多様な音楽を経験・修得するために、日本音楽、諸民族の音楽、ポピュラー音楽などを学びます。またグループでの音楽活動の方法やアンサンブルのまとめ方など、音楽を指導する際に必要な技術を実践を通して学びます。そして現代社会に必要とされる外国語によるコミュニケーション能力やICTを活用する力を身につけます。
基礎課程における学びと経験を基礎として、専門課程では、多様な講義や演習科目を選択して個性を伸ばすとともに、幅広い内容から選択することのできる必修科目「専門ゼミⅠⅡⅢⅣ」において、現代社会における音楽教育者に必要な技能、知識、批評する力を身につけます。

ディプロマ・ポリシー

 音楽教育者として社会のさまざまな分野で活躍するために必要な力を習得していることが求められます。すなわち、音楽と音楽教育に関する高い技能や幅広い知識を身につけているとともに、教育者として深い人間理解や共感する力をもち、音楽文化の継承と発展のための創造的な企画力と実践力を身につけていることが必要です。

外部リンク

音楽教育専修 Facebook ページ音楽教育専修 Facebook ページ

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから