国立音楽大学

音楽教育専修

音楽学部 音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻 音楽教育専修

音楽性、知性、感性を育み、豊かな教育者を目指す

音楽の指導者に求められる、確かな指導力、高い技能、幅広い知識を身につけるためのカリキュラムが整っています。音楽の専門科目、教養科目をバランスよく配置。2年次までの基礎課程で音楽教育の基礎を学び、3年次からの専門課程ではゼミを選び、各自の志向する分野を深く学んでいきます。協働学習を通して学び方や教え方を身につけられるようにするなど、指導者としての将来に生かせる学修の場を大切にしている点も特長の一つです。また、音楽教育系に設けられたコースや演奏・創作系コースを履修し、学修を深めたり広げたりする道も開かれています。

学びの特長

教員志望の学生向けに特別講座を開催

● 教職特別講座A(対象:1・2年次) 教員採用試験の動向・過去問分析、合格者体験談。
● 教職特別講座B(対象:3・4年次) 教員採用試験の動向・過去問分析、面接対策、論作文、集団討論、実技試験対策等。
※講座とは別に2回の模擬試験を行います。

カリキュラム

模擬授業

授業紹介

専門ゼミ

3年次からの専門課程では、学修を深めたい専門ゼミ(学校教育、リトミック、吹奏楽、コミュニティ音楽、合唱など)に所属して学びます。

音楽教育講義

歌う、奏でる、聴く、創るといった要素から音楽教育を考えつつ、楽器や歴史、他学問からのアプローチや音楽療法など、音楽教育について幅広く学びます。

音楽教育演習(リトミック)

拍子、フレーズ、メロディ等の音楽のさまざまな要素を身体の動きと結び付けて学ぶ方法を、グループワークを通して体得していきます。

in Focus Listen to Me! 〜第32回音楽教育専修演奏発表会〜

音楽教育専修の学生を中心とした有志団体が出演する演奏発表会。2020年度は配信による開催で、合唱やハンドベル、朗読劇などの演目を披露。企画、舞台運営、配信まで、音楽教育専修の学生と教員が協力して行いました。

わたしのアンサンブル【発表会×連携】

人と人とのつながりの大切さを改めて実感しました

山崎 暖 さん
YAMAZAKI Haru
音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻 音楽教育専修 3年
静岡県・日本大学三島高等学校出身

コロナ禍で対面での打ち合わせができない中、実行委員会のメンバーや先生方とは頻繁に連絡を取り合いました。人と人とのつながりの大切さを実感し、仲間の積極的な一面も見えて刺激を受けました。出演者としては合唱の無観客録画を行い、音楽でつながる楽しさを改めて感じることができました。2020年の特別な経験は、音楽教育の現場でもきっと役に立つと思います。

教員メッセージ

大切なのは自分の頭とからだで考えること

井上 恵理
INOUE Eri
音楽教育専修
専門:リトミック

私の授業では「こうです」と教えるのではなく、「どうですか」という問いかけをします。情報をそのまま鵜呑みにせず、自分自身の頭とからだを使って考えることが大切です。さらに音楽教育は音楽を通して人と関わっていくものなので、人それぞれの考え方を認め合うことも大切。クリエイティブな精神をもって学んでいきましょう。

プロフィールはこちら

教育目標

 本専修では、音楽の高い技能と幅広い音楽の知識を学び、仲間とともに豊富で実践的な音楽活動を取り組むことを通して、学校の音楽科教員、音楽教室講師、地域社会の音楽指導者をはじめ、さまざまな分野で活躍できる資質・能力を育成します。社会のさまざまな場面において、創造的に人々の音楽性を引き出し、育て、音楽文化の継承と発展に貢献できる人間性と音楽性が豊かな人材を養成します。

アドミッション・ポリシー

 学校の音楽科教員、音楽教室講師、地域社会の音楽指導者をはじめ、社会のさまざまな場面や分野において、自ら進んで人々の音楽性を引き出し、育てることで、音楽文化に貢献しようとする人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 基礎課程では、音楽家としての資質を伸ばすために、ピアノ、歌唱、リトミック、合唱、様々な楽器を学び、多様な音楽を経験・修得するために、日本音楽、諸民族の音楽、ポピュラー音楽などを学びます。またグループでの音楽活動の方法やアンサンブルのまとめ方など、音楽を指導する際に必要な技術を実践を通して学びます。そして現代社会に必要とされる外国語によるコミュニケーション能力やICTを活用する力を身につけます。
基礎課程における学びと経験を基礎として、専門課程では、多様な講義や演習科目を選択して個性を伸ばすとともに、幅広い内容から選択することのできる必修科目「専門ゼミⅠⅡⅢⅣ」において、現代社会における音楽教育者に必要な技能、知識、批評する力を身につけます。

ディプロマ・ポリシー

 音楽教育者として社会のさまざまな分野で活躍するために必要な力を習得していることが求められます。すなわち、音楽と音楽教育に関する高い技能や幅広い知識を身につけているとともに、教育者として深い人間理解や共感する力をもち、音楽文化の継承と発展のための創造的な企画力と実践力を身につけていることが必要です。

外部リンク

音楽教育専修 Facebook ページ音楽教育専修 Facebook ページ

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから