国立音楽大学

選択科目(コース制)

自由、自主、自律の精神を体現する、くにたち独自のプログラム

国立音楽大学では1・2年次の基礎課程に対して3・4年次を専門課程と位置付けています。卒業後の進路を見据え、専門性をさらに高めたり、専門以外のスキルを磨いたりするためのプログラム(科目群)を「コース」と呼んでいます。意欲と能力に応じて学科・専修(専攻)によらず、どのコースにも挑戦することができます。基礎課程で培った音楽能力をもとに、音楽のさまざまな領域をより専門的に学ぶことで、キャリアデザインに必要な能力、知識を身につけます。

3種類のプログラムからキャリアデザインを考える

  1. ダブルメジャーを目指すコース
    所属専修(専攻)にかかわらず、専門以外のコースを履修して、専門の知識や技能を補い、将来の職業選択の幅を拡げることができます。
  2. 専門を探究・強化するコース
    所属専修(専攻)に関連するコースを履修して、より専門的に学び、知識や技能をさらに高め、進路実現のために役立てることができます。
  3. より専門性の高い選抜コース
    ソリスト・コースを中心とした、高度な演奏家を養成するコースです。知識や技能はもちろん、レパートリーを増やし、表現力を高めるためのプログラムがより充実しています。

コース制の理解のために ―その特徴と活用の仕方―

副学長 吉成 順 YOSHINARI Jun

本学のコースは、皆さんが3・4年生になった時、自分の専門をさらに深めたり、「もう一つの専門」を学んで将来の可能性を拡げたりできるように設置されているもので、簡単に言えばオプションで追加できるセット科目です。皆さんは入学の時点で、専攻・専修に応じて「ピアノ」「作曲」「音楽教育」などの専門領域が決まります。そのまま決められた科目を学び、124単位を取れば、その領域を専門として卒業できます。でもコースを履修すれば、それ以上の勉強ができます。

本学では1・2年生を基礎課程、3・4年生を専門課程と位置付けています。基礎課程では専門分野の基礎のほか、音大生として必要な共通の基礎科目を学びます。それによって、どんな方向にも進める音楽家としての基礎体力を身につけるのです。
こうして基礎課程を終えた人たちが、本来の専門以外にやってみたい領域を見つけたら、それをコースで「もう一つの専門」として学ぶことができます。

第1のタイプ「ダブルメジャーを目指すコース」です。「二つの専門領域を持つこと(double major)」は、アメリカの大学ではすでに広く行われています。本学では、たとえばピアノで入学した学生が「声楽コース」を選択することで、ピアノと声楽の両方を自分の専門として卒業できるダブルメジャーを実現できるのです。専門領域はそのままで、コースによって勉強の幅を拡げることもできます。
第2のタイプ「専門を探究・強化するコース」です。ピアノの学生が「ピアノ指導コース」で実際に子どもたちを教える体験をしたり、作曲の学生が「実用音楽コース」で映画音楽を勉強したりします。
第3のタイプは「より専門性の高い選抜コース」です。選抜試験で選ばれた人たちが、一段と高度な勉強をします。各「ソリスト・コース」のほか「アンサンブル・ピアノ・コース」や「弦楽器オーケストラプレイヤー・コース」があり、充実したレッスンや豊富な演奏体験によって技術や音楽性を高めます。
(このほか卒業生を対象にしたアドヴァンスト・コースやディプロマ・コースもあります。)

コース一覧

1:ダブルメジャーを目指すコース
2:自分の専門を探究・強化するコース
3:より専門性の高い選抜コース
■:各専門課程に含まれているコース

コース名 コースの種別 コースの内容
声楽コース 1     歌曲、オペラ、オラトリオ、重唱の基本的な歌唱方法を学び、声楽の専門的知識と技術を身につけます。
※声楽専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
オペラ・ソリスト・コース     3   オペラ歌手となるために必要な歌唱能力や舞台表現を学びます。
歌曲ソリスト・コース     3   歌曲やオラトリオを歌うために必要な歌唱能力、詩の解釈、ことばへの豊かな感性を磨きます。
ミュージカル・コース 1       ミュージカルの舞台に立つために必要な歌唱能力や舞台表現、ダンスを含む身体表現を身につけます。
ピアノ・コース 1 2     コンチェルトやアンサンブルを学び音楽の幅を広げるとともに、作品分析などを通じて、より豊かな演奏表現を身につけます。
ピアノ指導コース 1 2     教材研究や子どもへの指導実習を通して、ピアノ指導者になるための知識や技術を実践的にかつ体系的に学びます。
鍵盤楽器ソリスト・コース     3   鍵盤楽器のソリストにふさわしいレパートリーの拡大と豊かな音楽表現を身につけます。
アンサンブル・ピアノ・コース     3   アンサンブル奏者としての基礎を学び、豊かな表現力を身につけます。
オルガン・コース 1     オルガンの構造と特性を理解し、異なる時代と国のオルガン音楽様式、演奏法、作品に応じた音色の選び方に至るまでの幅広い知識を修得します。
※鍵盤楽器専修(オルガン)は、本コース科目が専門課程に含まれています。
管打楽器ソリスト・
コース
    3   さまざまなジャンルの演奏技術、解釈を学び、それぞれの楽器のソリストに必要なレパートリーと高い演奏能力を身につけます。
弦楽器オーケストラプレイヤー・コース     3   個人レッスンによりオーケストラ・スタディを学び、オーケストラのオーディションに合格する演奏能力を身につけます。
指揮者/コレペティートル・コース 1       指揮者コースは、指揮法、総譜奏法などを学び、オーケストラや合唱、吹奏楽で活躍するための能力を身につけます。コレペティートル・コースは多くのオペラのレパートリーを知り、伴奏などの分野で活躍できる能力を身につけます。
現代音楽創作コース 1 2     学内外での作品発表を積極的に実践し、独創的、先端的な作品創作を目指します。
作曲理論コース 1 2     古典から現代までの多様な作曲様式に基づく作品を創作する能力を高めます。また指導法を学び、音楽理論の専門性を持つ優れた指導者を目指すことも可能です。
実用音楽コース 1 2     映画音楽・ミュージカル等の作編曲に必要な、より実用的な技法・知識を学びます。
作曲コース 1     作曲のために必要な技法や知識を学び、想像力豊かな作品を書くための実践的能力を高めます。
※作曲専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
コンピュータ音楽実践コース 1 2     高度なコンピュータ音楽やメディアアート作品の創作、研究、アプリケーション開発に加え、論文執筆のための能力を身につけます。
※コンピュータ音楽専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
コミュニティ音楽コース 1 2     学校や地域を音楽の力で活性化し、さまざまな人を対象とした音楽活動を企画・推進することのできる「コミュニティ音楽家」を目指します。
吹奏楽指導者コース 1 2     学校教育やアマチュア吹奏楽団などの現場で活躍できる吹奏楽指導者になるための知識・力量を身につけます。
学校教育コース 1 2     質の高い音楽科教員になるために、音楽科教育の研究を深め、より実践的な指導力を身につけます。
ダルクローズ・リトミック専門コース 1 2     ダルクローズの創造的な音楽教育を専門的に学び、ダルクローズ・リトミックを演奏、教育に応用できる知識・力量を身につけます。
音楽療法士コース 1 2     臨床実習を通して実践的な能力を高め、音楽療法士としての基本的な知識・技術・心構え・倫理等を身につけます。
音楽学コース 1     卒業論文の作成などを通して、音楽学の研究に必要な知識・力量を蓄えます。
※音楽情報専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
音楽情報・社会コース 1     ミュージック・ライター、音楽出版などで活躍できる幅広い専門知識と実践能力を身につけます。
※音楽情報専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
マネージメント・コース 1     音楽現場の経験を積むことを通して、音楽ホールの企画・運営や演奏団体でのマネージメントのできる知識・力量を身につけます。
※音楽情報専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
西洋古楽コース 1       理論と歴史を学びながら独奏とアンサンブル能力を高め、西洋古楽器の演奏における専門家を目指します。
日本伝統音楽コース 1       日本の伝統的音楽文化を理解し、演奏能力を高め、日本の伝統楽器の演奏における専門家を目指します。
ピアノ調律コース 1       鍵盤楽器の調律、整調、修理などの基礎技術を身につけます。
幼児音楽指導者コース 1 2     幼児・児童の初歩的および基本的な音楽指導のための力量を身につけます。

コース履修モデル

ダブルメジャーを目指すコース
鍵盤楽器専修+作曲コース+指揮者/コレペティートル・コース

長嶋 怜奈さん
NAGASHIMA Rena
演奏・創作学科 鍵盤楽器専修(電子オルガン) 4年
北星学園女子高等学校(北海道) 出身

作曲と指揮という二つの視点が、自分の強みになる

高校時代から電子オルガンで作曲をしていたので、そのスキルを極めたいと思い作曲コースを選びました。作曲コースでは、いろいろなジャンルの楽曲制作のほか、これまで未経験だった器楽の作曲にも初挑戦し、楽器の音域や奏法などの特性を考えた作曲法を学びました。指揮者/ コレペティートル・コースでは、スコアから拍感、和声感、メロディをどうつかみ、自分なりに解釈して演奏者たちに伝えるのかなど指揮の重要なエッセンスを学んでいます。二つのコースを履修し、ミュージシャンとしての視野と可能性がともに大きく広がりました。これまでの電子オルガン奏者としての視点に、作曲と指揮という新たな二つの視点が加わったことは、成長の糧となり、将来に向けた大きな自分の強みにもなると感じています。

専門を探究・強化するコース
音楽教育専修+吹奏楽指導者コース

村本 優佳さん
MURAMOTO Yuka
音楽文化教育学科 音楽教育専修 4 年
東京都立豊多摩高等学校 出身

編曲者のさまざまな工夫や作業の大変さが分かりました

吹奏楽指導者コースを選んだきっかけは、2年次から母校の吹奏楽部トレーナーに就任したことです。後輩たちの練習指導をする中で、もっと専門的に吹奏楽、指導法、指揮について学びたいと思いました。授業でピアノ曲を吹奏楽用に編曲してみて初めて、普段、何気なく演奏している曲でも、演奏者が演奏しやすいように、編曲者がフレーズの区切りや強弱などさまざまに工夫していること、そして、その作業の大変さも分かりとても勉強になりました。また、楽器の知識が身についたことで、母校での指導の際にも的確なアドバイスができるようになりました。将来は音楽教師となり、吹奏楽部の指導に携わりたいと思っています。仲間と一緒に音楽を演奏することの楽しみや醍醐味を伝えられる指導者になることが目標です。

より専門性の高い選抜コース
声楽専修+歌曲ソリスト・コース

上村 誠一さん
KAMIMURA Seiichi
演奏・創作学科 声楽専修 4年
福島県立郡山高等学校 出身

「自分はどう歌いたいのか」をより深く考えられるように

声種はもともとはテノールでしたが、1年次に先生と自分の声が最も生かせる形を追究した結果、カウンターテナーに声種を変えました。もともとついていた男声の先生の他に、女声の先生につきたいという思いがあり、本コースを受けました。異なる先生から指導を受けることで、同じ曲でも違う目線やアプローチに触れることができ、最終的に「自分はどう歌いたいのか」ということをより深く考えられるようになりました。このことが、とても大きな成長と自信につながっていると感じています。本コースを履修するとレッスン量も増え、その中で自分が本当にやりたいジャンルの曲や表現などを見つけるチャンスが得られるのが魅力です。将来はソロはもちろん、これまでの合唱経験を生かして、アンサンブルでも活躍できる歌手になりたいです。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから