国立音楽大学

選択科目(コース制)

自由、自主、自律の精神を体現する、くにたち独自のプログラム

国立音楽大学では1・2年次の基礎課程に対して3・4年次を専門課程と位置付けています。卒業後の進路を見据え、専門性をさらに高めたり、専門以外のスキルを磨いたりするためのプログラム(科目群)を「コース」と呼んでいます。意欲と能力に応じて学科・専修(専攻)によらず、どのコースにも挑戦することができます。基礎課程で培った音楽能力をもとに、音楽のさまざまな領域をより専門的に学ぶことで、キャリアデザインに必要な能力、知識を身につけます。

3種類のプログラムからキャリアデザインを考える

  1. ダブルキャリアを目指すコース
    所属専修(専攻)にかかわらず、専門以外のコースを履修して、専門の知識や技能を補い、
    将来の職業選択の幅を広げ、ダブルキャリアの形成に役立てることができます。
  2. 専門を探究・強化するコース
    所属専修(専攻)に関連するコースを履修して、より専門的に学び、知識や技能をさらに高め、
    進路実現のために役立てることができます。
  3. より専門性の高い選抜コース
    ソリスト・コースを中心とした、高度な演奏家を養成するコースです。知識や技能はもちろん、
    レパートリーを増やし、表現力を高めるためのプログラムがより充実しています。

コース制の理解のために ―その特徴と活用の仕方―

音楽の世界の深さや幅広さを経験したときに
副学長 久保田 慶一 KUBOTA Keiichi

大学での学びをこれから経験する皆さんには、本学のコース制をイメージするのは、少し難しいかもしれません。しかしコースを選択する2年次後期までには、実際に先輩たちが学ぶ姿を見たり、話を聴いたりすることもできますので、心配する必要はないでしょう。本学に入学すると、入学試験のときに選択した専攻や専修に所属して、それぞれの専門を学びます。4年間で124単位を取得することで、卒業時に「学士」という称号を得ることができます。また国立音楽大学では1年次から2年次を「基礎課程」、3年次から4年次を「専門課程」としており、基礎をしっかりと学んだ上で、専門の勉強をします。これも本学での学びの基本です。

しかし基礎課程で勉強するうちに、皆さんは音楽の世界の深さや幅広さを次々と経験しますし、その経験の度合いやその内容は人それぞれです。ある人は、自分の専門だけではなく、別の専門領域を学んで、自分の音楽の学びを多様にしたいという人もいるでしょうし(⇒ダブルキャリアを目指すコース)、またある人は、自分の専門について「学びを深めたい、広げたい」と思うかもしれません(⇒専門を探究・強化するコース)。あるいは、それぞれの専門の「演奏技能を磨きたい」という人もいるかもしれません(⇒より専門性の高い選抜コース)。

専門課程の学びをより充実したものにする

コース制というのは、基本となる学び―自分の専攻・専修での4年間の学び、特に専門課程―に加えて、将来の活動や職業の可能性を深め、広げ、多様にするために用意されたプログラム(科目群)なのです。コース科目群を履修しなくても、所属する専攻・専修の科目を履修するだけで卒業できますが、ほとんどの学生が何らかのコースを選択して、専門課程の学びをより充実したものにしています。ページ下では、自分の専攻・専修での学びとコースでの学びをうまく結びつけた先輩の話が紹介されていますので、自分が将来勉強したい専攻・専修に置き換えて、本学での学びを想像してみてください。

コース一覧

1:ダブルキャリアを目指すコース
2:自分の専門を探究・強化するコース
3:より専門性の高い選抜コース
■:各専門課程に含まれているコース

コース名 コースの種別 コースの内容
声楽コース 1     歌曲、オペラ、オラトリオ、重唱の基本的な歌唱方法を学び、声楽の専門的知識と技術を身につけます。
※声楽専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
オペラ・ソリスト・コース     3   オペラ歌手となるために必要な歌唱能力や舞台表現を学びます。
歌曲ソリスト・コース     3   歌曲やオラトリオを歌うために必要な歌唱能力、詩の解釈、ことばへの豊かな感性を磨きます。
ミュージカル・コース 1       ミュージカルの舞台に立つために必要な歌唱能力や舞台表現、ダンスを含む身体表現を身につけます。
ピアノ・コース 1 2     コンチェルトやアンサンブルを学び音楽の幅を広げるとともに、作品分析などを通じて、より豊かな演奏表現を身につけます。
ピアノ指導コース 1 2     教材研究や子どもへの指導実習を通して、ピアノ指導者になるための知識や技術を実践的にかつ体系的に学びます。
鍵盤楽器ソリスト・コース     3   鍵盤楽器のソリストにふさわしいレパートリーの拡大と豊かな音楽表現を身につけます。
アンサンブル・ピアノ・コース     3   アンサンブル奏者としての基礎を学び、豊かな表現力を身につけます。
オルガン・コース 1     オルガンの構造と特性を理解し、異なる時代と国のオルガン音楽様式、演奏法、作品に応じた音色の選び方に至るまでの幅広い知識を修得します。
※鍵盤楽器専修(オルガン)は、本コース科目が専門課程に含まれています。
管打楽器ソリスト・
コース
    3   さまざまなジャンルの演奏技術、解釈を学び、それぞれの楽器のソリストに必要なレパートリーと高い演奏能力を身につけます。
弦楽器オーケストラプレイヤー・コース     3   個人レッスンによりオーケストラ・スタディを学び、オーケストラのオーディションに合格する演奏能力を身につけます。
指揮者/コレペティートル・コース 1       指揮者コースは、指揮法、総譜奏法などを学び、オーケストラや合唱、吹奏楽で活躍するための能力を身につけます。コレペティートル・コースは多くのオペラのレパートリーを知り、伴奏などの分野で活躍できる能力を身につけます。
現代音楽創作コース 1 2     学内外での作品発表を積極的に実践し、独創的、先端的な作品創作を目指します。
作曲理論コース 1 2     古典から現代までの多様な作曲様式に基づく作品を創作する能力を高めます。また指導法を学び、音楽理論の専門性を持つ優れた指導者を目指すことも可能です。
実用音楽コース 1 2     映画音楽・ミュージカル等の作編曲に必要な、より実用的な技法・知識を学びます。
作曲コース 1     作曲のために必要な技法や知識を学び、想像力豊かな作品を書くための実践的能力を高めます。
※作曲専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
コンピュータ音楽コース 1 2     高度なコンピュータ音楽やメディアアート作品の創作、研究、アプリケーション開発に加え、論文執筆のための能力を身につけます。
コミュニティ音楽コース 1 2     学校や地域を音楽の力で活性化し、さまざまな人を対象とした音楽活動を企画・推進することのできる「コミュニティ音楽家」を目指します。
吹奏楽指導者コース 1 2     学校教育やアマチュア吹奏楽団などの現場で活躍できる吹奏楽指導者になるための知識・力量を身につけます。
学校教育コース 1 2     質の高い音楽科教員になるために、音楽科教育の研究を深め、より実践的な指導力を身につけます。
ダルクローズ・リトミック専門コース 1 2     ダルクローズの創造的な音楽教育を専門的に学び、ダルクローズ・リトミックを演奏、教育に応用できる知識・力量を身につけます。
音楽療法士コース 1 2     臨床実習を通して実践的な能力を高め、音楽療法士としての基本的な知識・技術・心構え・倫理等を身につけます。
音楽学コース 1     卒業論文の作成などを通して、音楽学の研究に必要な知識・力量を蓄えます。
※音楽情報専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
音楽情報・社会コース 1     ミュージック・ライター、音楽出版などで活躍できる幅広い専門知識と実践能力を身につけます。
※音楽情報専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
マネージメント・コース 1     音楽現場の経験を積むことを通して、音楽ホールの企画・運営や演奏団体でのマネージメントのできる知識・力量を身につけます。
※音楽情報専修は、本コース科目が専門課程に含まれています。
西洋古楽コース 1       理論と歴史を学びながら独奏とアンサンブル能力を高め、西洋古楽器の演奏における専門家を目指します。
日本伝統音楽コース 1       日本の伝統的音楽文化を理解し、演奏能力を高め、日本の伝統楽器の演奏における専門家を目指します。
ピアノ調律コース 1       鍵盤楽器の調律、整調、修理などの基礎技術を身につけます。
幼児音楽指導者コース 1 2     幼児・児童の初歩的および基本的な音楽指導のための力量を身につけます。

コース履修モデル

ダブルキャリアを目指すコース
声楽専修+ミュージカル・コース

木下 萌々香さん
KINOSHITA Momoka
演奏・創作学科 声楽専修 4 年
麗澤高等学校(千葉県) 出身

クラシックの発声を生かして、ミュージカルの舞台で活躍したい

小学校の芸術鑑賞会で初めてミュージカルを観た時から憧れを抱いており、いつか私もミュージカルの舞台に立ちたいという夢を持っていました。ミュージカルを学べる大学は他にもありましたが、まずは声楽の基礎を学びたいと思いくにたちに進学。2年生の時にミュージカル・コースが新設されると知り、履修を決意しました。ミュージカルの基本である歌・演技・ダンスを実際に学び始め、声楽に通じる点が多いということが分かりました。身体を使って表現するということはもちろんですが、歌を「ただ歌う」だけではなく、気持ちの昂りや感情を表すために「台詞を言うように歌う」ということを意識できるようになりました。声楽専修でクラシックを基礎とした発声を、コースでミュージカルにおける基礎を学び、将来舞台で活躍できるよう努力しています。


専門を探究・強化するコース
作曲専修+現代音楽創作コース+作曲理論コース

小畑 有史さん
OBATA Yuto
演奏・創作学科 作曲専修 4 年
埼玉県立越ヶ谷高等学校 出身

現代音楽と古典音楽とのつながりが見えてきました

もともと現代音楽を創ることが好きで、クラシックの書法をさらに生かしたいと思い、現代音楽創作コースと作曲理論コースの2つを履修しました。現代音楽創作コースでは、現代音楽の書法を学ぶことに加え、現代音楽演奏実習という授業で演奏も行います。現代音楽の演奏経験は無かったので、演奏者の立場から作品を見ることの重要性を知りました。一方、作曲理論コースの授業でクラシックのさまざまな様式を学び、各時代の挑戦的な試みが分かるようになったことで、現代音楽における前衛的な書法と時代を超えて通ずるものがあることを発見することができました。これは2つのコースを履修していたからこそ得られたものだと思います。将来は、ただ音楽を創るのではなく、創った音楽を使って社会とつながるクリエイティブな音楽家になりたいと思っています。

より専門性の高い選抜コース
弦管打楽器専修+弦管打楽器ソリスト・コース

秋元 希さん
AKIMOTO Nozomi
演奏・創作学科 弦管打楽器専修(フルート) 4年
埼玉栄高等学校(埼玉県) 出身

「自分はどう演奏したいのか」ということを意識するように

中学生の頃から吹奏楽部に所属していたこともあり、アンサンブルはとても身近なものでした。音楽大学への進学を考え始めた際に、くにたちはソロだけでなくアンサンブルも大切にしていることを知り、両方の良い面を学ぼうと思い進学を決めました。このコースの大きな魅力は、2人の先生から個人レッスンを受けられるということ。同じ曲でも先生によってさまざまな考え方があることを知り、音楽に対する視野が広がりました。また、先生方から異なる指導をされることも多く、「自分はどう演奏したいのか」ということをより意識するようになりました。将来は、ソロでの演奏活動はもちろんですが、オーケストラでの演奏にも興味があります。アンサンブルの授業を継続して履修してきたので、この経験を生かして「くにたち出身の演奏家」として活躍したいです。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから