国立音楽大学

目的・3つの方針・学修成果の評価の方針・自己点検評価の方針(大学院修士課程)

目的

本学部は、自由、自主、自律の精神を尊重した教育によって、基本となる知識や技能を備え、健全な考えや判断ができ、さらに専門的な知見や能力をもち、日本や世界の幅広い分野で、音楽を通して社会に貢献できる音楽家、教育家を養成する。

修了の認定に関する方針

本課程は、下記の資質・能力を修得し、それらを総合的に活用できる人に、学位(修士)を与える。学生は所定の科目を修得するとともに、修士論文等(声楽・器楽・作曲の各専攻では修了演奏・修了作品と課題研究、音楽学・音楽教育学では修士論文)の審査および最終試験に合格しなければならない。

  1. 音楽のみならず文化や芸術に関する、幅広い知識・学識を身につけている
  2. 説得力ある演奏を行うことができる
  3. 自己の創作理念・理論による創作ができる
  4. 自己の演奏や創作について専門的な研究ができる
  5. 音楽学ならびに音楽教育学の分野において専門的な研究ができる

教育課程の編成及び実施に関する方針

本課程は、演奏・創作における実践能力と理論の研鑽、あるいは音楽学や音楽教育学における研究能力の研鑽のために、下記の方針に従って、教育課程を編成・実施する。

  1. 修士課程レベルでの音楽研究のために必要な基礎的な知識や方法を修得する
  2. 専攻あるいはコースにおいては、高度な教育研究を行う
  3. 声楽、器楽、創作担当教員と音楽学担当教員の連携によって、課題研究の指導を行う
  4. 高等教育機関での指導法を修得する

入学者の受入れに関する方針

本課程は、以下のような人を入学者として受け入れる。

  1. 本課程での学修に必要な知識や技能を有する人
  2. これまでに修得した演奏・創作能力や研究能力をさらなる研鑽を通して向上させたいという意志をもつ人
  3. 将来、日本や世界の幅広い分野で、音楽家や教育家として、あるいは音楽による社会活動を通して、社会に貢献する意欲のある人

学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)

国立音楽大学では、ディプロマ、カリキュラム、アドミッションの3つのポリシーに基づき、教育の質保証と不断の改善に取り組むために、機関レベル(大学全体)・教育課程レベル(学部・研究科)・科目レベル(授業科目)の3段階で学生の学修成果を測定・評価する方法を定める。

  1. 機関レベル
    学生の卒業・修了率、休・退学率、卒業・修了後の進路決定状況、各種アンケート調査結果等から、学修成果の達成状況を検証する。
  2. 教育課程レベル
    学部・研究科の所定の教育課程における卒業・修了要件達成状況(単位修得状況、GPA・成績分布状況、学修行動調査、卒業研究、学位論文(課題研究)等)、資格取得状況等から、学修成果の達成状況を検証する。
  3. 科目レベル
    シラバスで示された学修目標に対する評価及び授業アンケート結果等から、授業科目ごとの学修成果の達成状況を検証する。

自己点検・評価の方針

本課程は、その教育研究水準の向上を図り、本課程の目的および社会的使命を達成するため、本課程における教育研究活動等の状況について自ら点検および評価を行う。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから