国立音楽大学

Open! 2020 のこたえ

ヨーロッパで鳥(オウム)にメロディーを教える道具 として使われていた手回しオルガン。

演奏方法は、以下の動画をご覧ください。

映像:楽器学資料館

ペロクウェッテ

ペロケット

Perroquette(ペロケット)とはフランス語でオウムの意味。オウムに歌を教える為に使われていたと言われます。オルゴールとパイプオルガンを組み合わせたような作りをしており、ハンドルを回すとバレル(筒状で小さな釘が打たれている部分)が回転し、同時にふいご(送風装置)からパイプに風が送られ曲を奏でます。バレルをずらすことで、色々な曲を演奏できるようになっています。

本学の楽器学資料館に収蔵されています。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから