国立音楽大学

『聴き伝わるもの、聴き伝えるもの ―20世紀音楽から未来に向けて―』第16回「視覚と音楽ーフランスと日本の諸相」

2021年度演奏会

日程:2021年10月2日(土)16:00開演

会場:国立音楽大学講堂大ホール 交通アクセス ※小ホールから大ホールに変更となりました

料金:1,500円 高校生以下及び本学学生無料 ※当⽇は学⽣証等の提⽰が必要です

主催:国立音楽大学

制作:国立音楽大学演奏芸術センター(KCMC)

助成:公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション

お問い合わせ先:国立音楽大学演奏芸術センター Tel.042-535-9535

※新型コロナウイルスの影響等により、変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

ご来場される皆さまへのお願い

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解・ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

・ご来場の前に検温を行っていただき、体調が思わしくない時はご来場をお控えください。
・必ずマスクのご着用をお願いいたします。着用されていない方はご入場をお断りさせていただきます。
・出演者等への差し入れやプレゼント、花束等のご持参、面会及び入待ち、出待ちはご遠慮ください。

詳細は、こちら(PDF/189KB)をご確認ください。

プログラム・出演者

プログラム及び出演者は、下記をご覧ください。

【プログラム・出演】

    G.アペルギス:マシナシオンより【日本初演】
    武満徹:ピアニストのためのコロナ、弦楽器のためのコロナⅡ
    斉木由美:2021年度国立音楽大学委嘱作品【世界初演】
    I.クセナキス:フレグラ
    E.モンタルベッティ:都市へと開ける同時的な窓【全曲版日本初演】

【指揮】板倉康明
【ピアノ】井上郷子
クニタチ・フィルハーモニカー
現代音楽演奏実習履修生 他

チケットのお申込み

詳細につきましては、後日改めてお知らせいたします。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから