国立音楽大学

辻 功(TSUJI Isao)

主な担当授業

  • 専門実技

所属等

職名:客員教授
所属:演奏・創作学科 弦管打楽器専修
担当:オーボエ
学位:芸術学士

高校生のみなさんへ

音楽の素晴らしさを感じ、感動した皆さんには是非、音楽を突き詰めて勉強して欲しいと思っています。音楽を一生の生業と出来るようにお手伝いしますので国立音大で夢を叶える勉強を一緒にしましょう!

研究テーマ

演奏を技術的な部分と音楽的な部分に分け、技術的な部分に関しては科学的なデータに基づいた奏法研究を、音楽的な部分に関してはレトリックに則った表現法、時代別、国別、作曲家別の演奏法について研究する事をテーマとしています。

略歴

1982年東京藝術大学卒業。在学中、似鳥健彦、梅原美男、鈴木清三、小島葉子、W. リーバーマンの各氏に師事。同年日本音楽コンクール入選。85年第1回国際オーボエコンクール第2位(1位なし)。86年ソニー音楽芸術振興会主催第1回「パフォーマンス・トゥデイ」にて好評裡に東京デビュー。87年北西ドイツ音楽大学(デトモルト音楽院)を首席で卒業。在学中、H. ヴィンシャーマン、G. シュマルフスの両氏に師事。92年読売日本交響楽団に首席として入団。同年、95年、99年リサイタルを東京にて開催し好評を博す。現在、東京シンフォニエッタメンバー、日本オーボエ協会理事長。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから