国立音楽大学

永峰 高志 (ながみね たかし)

永峰 高志 (ながみね たかし))

職名:教授

所属:演奏・創作学科

担当:ヴァイオリン

学位:芸術学士

プロフィール

ヴァイオリンを加藤眞栄、鷲見三郎、鷲見健彰、福元裕、田中千香士、ジャン・ローランの各氏に師事。室内楽を巌本真理弦楽四重奏団、伊達純、ルイ・グレラーの各氏に師事。指揮を秋山和慶氏に師事。
1980年東京藝術大学卒業、NHK交響楽団に入団。第1ヴァイオリン次席奏者、第2ヴァイオリン首席奏者として活躍する。2012年NHK交響楽団より同団への功績が認められ第32回有馬賞を授与される。2015年同団を退団する。 現在、オーケストラとの共演等ソリストとして、またウォルフガング・サヴァリッシュ、ペーター・シュミードル、ヴェンツェル・フックス各氏との共演等室内楽奏者として活躍している。
ゲストコンサートマスターとしても、新日本フィル、シティフィル、仙台フィル、山形交響楽団、新星日本交響楽団(現東京フィル)などのオーケストラに出演している。
また、仙台フィルハーモニー管弦楽団を指揮し好評を得るなど、最近は指揮者としても活動の場を広げている。国立音楽大学教授、洗足学園音楽大学客員教授、東京藝術大学非常勤講師として後進の指導にも当たる。その指導はヴァイオリン奏法だけにとどまらず、オーケストラスタディ、オーケストラ奏法にまで及び、門下からはNHK交響楽団、新日本フィルをはじめ国内外のオーケストラのオーディションに数多くの合格者を輩出している。
2010年より岩手県久慈市文化会館(アンバーホール)の芸術監督を務め、数々の公演をプロデュースし成功を収めている。

授業への取り組み

 合奏授業時に実際に現場で得た最新の情報をもとに、アンサンブルに必要な、協調性を持たせる指導を行う。協調性を持たせるという事は、ただ自分を無くし、人につけということではなく、自分の考えをしっかりと持ち、その上で人の考えを自分の考えと比べ理解した上で、音ではなく考え方を合わせていく方法を実践する。まず、各生徒のそれぞれの理想の音楽を理解させる。

現在の研究テーマ・内容

 音楽が人間にとって無くてはならない物の一つとは言われているが、それは何故なのか?そこを考える事が研究のテーマであり、具体的に実践する方法を習得することが内容である。
 人生の終焉を迎える時、その人の心の中に美しい記憶が有るのと無いのでは、人生の満足度は全く違い、その記憶の一つに音楽があると私は考える。
 言い換えれば、どのように演奏すれば聴き手の心に響き、残るのかを考え、伝承していくことである。

主な研究活動

項目 著書、論文、演奏活動等の名称 単共の別 発行又は発表の年月(開催日時) 発行・発表雑誌、場所等の名称 概要
演奏 ソロリサイタル 2002年2月 サントリーホール(小) フランク作曲:ヴァイオリンソナタ、ラヴェル作曲:ツィガーヌ、サン・サーンス作曲:序奏とロンドカプリチオーソ等、主にフランス音楽を演奏し、その表現方法の研究をした。
演奏 NHK 交響楽団定期演奏会 2002年5月 NHK ホール 指揮 / アラン・ギルバート。曲目 /ショスタコーヴィチ:交響曲第4番。
演奏 東京オペラの森「天地創造」 2009年 2月 東京文化会館 モダン楽器で演奏する古典の意義の確認。2009年2月27日、29日。
演奏 夕べの歌 2009年 9月 ALM コジマ録音 CD制作。ヴァイオリンとパイプオルガンのアンサンブル。2010年12月再プレス。演奏/永峰高志(Vn.)、荻野由美子(Org.)。
演奏 音楽の贈り物 vol.1 (N響メンバーによるアンサンブル) 2011年 7月 久慈市文化会館 久慈市文化会館の芸術監督として地域の住民に音楽芸術への理解を深めるために解説を交えた分かりやすい演奏会を企画・演奏。震災のチャリティも兼ねた

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから