国立音楽大学

三木 香代 (みき かよ)

三木 香代(みき かよ)

職名:教授

所属:演奏・創作学科

担当:ピアノ

学位:芸術学士

プロフィール

京都市立芸術大学音楽学部音楽学科ピアノ専修卒業。1977年第31回全日本学生音楽コンクールピアノ部門西日本第1位入賞。1982年第51回日本音楽コンクールピアノ部門入選。1985年には第11回ショパン国際ピアノコンクールにて最優秀演奏賞を受賞。その後も1987年エリザベート王妃国際音楽コンクールピアノ部門入賞、1989年第4回日本国際音楽コンクールピアノ部門日本人作品最優秀演奏賞、1990年ウィリアム・カペル国際ピアノコンクールにてブシェール記念賞を受賞するなど、国際コンクールで数々の賞を受賞。
1989年には前年の東京文化会館でのリサイタルが評価され、第15回日本ショパン協会賞を受賞。1990年龍野市民文化奨励賞、1991年姫路市芸術文化賞芸術年度賞を受賞、1992年第11回横浜市招待国際ピアノ演奏会に出演。2004年にはバンクーバーとシアトルにて当地のショパン協会主催のリサイタルに出演。国内外のオーケストラとの協演、リサイタル、室内楽、CDやNHK-FMの録音など、多彩な活動を展開。美しい音による知的で繊細な演奏はデビュー以来高く評価され、アンサンブルピアニストとしても多くの演奏家の信頼を得ている。
2008年より3年間日本音楽コンクールピアノ部門審査員を務めたほか、Shigeru Kawai国際ピアノコンクール、ピティナピアノコンペティション全国大会などの審査員も務めている。
2015年より日本ショパン協会理事。

授業への取り組み

実技レッスンでは、カリキュラムに沿った学習目標を念頭に、学生自身が学習したいレパートリーにも配慮しながら各学生の課題解決につながるようなレパートリーを選び、個々の学生の学びへの意欲を引き出すとともに、自発的な学習を促すような指導を心がけている。また、常に学生とのよりよいコミュニケーションを図り、音楽の探究の面白さを全身で伝えるよう努めている。何よりも「音楽」に敬意と愛情を持てる感性豊かな学生を育てていきたい。

現在の研究テーマ・内容

  • ショパンの演奏法についての研究
    ショパンの作品に要求されるテクニックや演奏上の問題点を、作品の生まれた背景や時代を踏まえ、ショパン自身のピアノ奏法に関する言葉や楽譜への書き込み、自筆譜などを参照しながら整理し、現代の演奏にいかに活かすかを研究している。
  • 弦楽器とピアノのアンサンブルについての研究
    ヴァイオリンとの二重奏、ヴァイオリン、チェロとのピアノ三重奏、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとのピアノ四重奏、五重奏について、演奏解釈だけでなく、ピアノと弦楽器の音色の融合、呼吸の同調などアンサンブルの手法にも着目しながら研究している。

主な研究活動

項目 著書、論文、演奏活動等の名称 単共の別 発行又は発表の年月(開催日時) 発行・発表雑誌、場所等の名称 概要
演奏 NHK交響楽団メンバーによる室内楽シリーズ2009 第1回 2009年 1月 浜離宮朝日ホール 主催/朝日新聞社 曲目/シューベルト ピアノ三重奏曲第2番 五重奏曲「ます」共演/堀正文 藤森亮一 佐々木亮 吉田秀
演奏 "シリーズPinaists No.2
三木香代ピアノリサイタル"
2005年11月 トッパンホール 主催/芸術教育企画 曲目/ショパン バラード全4曲、三つのマズルカOp.59、ソナタ第3番Op.59
演奏 三木香代ピアノリサイタル 2000年 3月 王子ホール 曲目/バッハ パルティータ第2番、ベートーヴェン ピアノソナタ第31番、 ブラームス 3つの間奏曲、ショパン 幻想ポロネーズ、リスト ヴェネツィアとナポリ
教育文化活動 第78回日本音楽コンクール
ピアノ部門審査員
2009年 8月 トッパンホール
東京オペラシティコンサートホール
~10月。主催/毎日新聞社 NHK
教育文化活動 第77回日本音楽コンクール
ピアノ部門審査員
2008年 9月 トッパンホール
東京オペラシティコンサートホール
~10月。主催/毎日新聞社 NHK

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから