国立音楽大学

江澤 聖子 (えざわ せいこ)

江澤 聖子 (えざわ せいこ)

職名:准教授

所属:演奏・創作学科

担当:ピアノ

学位:芸術学士

プロフィール

 桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。第59回日本音楽コンクールピアノ部門第1位、併せて増澤賞、井口賞、野村賞、特別賞を受賞。
 第17回NHK「若い芽のコンサート」にて外山雄三氏指揮NHK交響楽団との共演でデビュー。文科省芸術家在外研修員、明治安田生命クオリティオブライフ文化財団海外音楽研修生として、ベルリン国立芸術大学に留学。イタリア・カントゥ国際ピアノコンクール第1位受賞。同大学を首席で卒業、ディプロマを取得、引き続き同大学院ソリスト科に入学。その後ドイツ・ソリスト芸術国家試験に最優秀で合格、コンツェルト・マイスター号を取得して卒業。これまでに、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、スイス、ポーランド、米国、メキシコ等での演奏活動、またベルリン交響楽団、ブレスラウ交響楽団、トルーン室内合奏団、ホノルルシンフォニック管弦楽団、ハイデルベルグ・オーケストラ、ミュンスター・フィル、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団他との共演多数。また王子ホールでの毎日ゾリステン等各地でのリサイタル、室内楽、NHKテレビ、NHK-FM放送等に出演、NHK教育テレビ「芸術劇場」のテーマ音楽の収録も行う。大阪芸術祭、熊本国際音楽祭等に参加。
 一方、日本音楽コンクール(毎日新聞社、NHK主催)及び全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催、NHK後援)をはじめ各地でのコンクールの審査員、講習会、公開レッスン等の講師を務める。
 現在、国立音楽大学准教授、桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部、桐朋学園大学院音楽研究科(東京)、桐朋学園大学院大学(富山)、及び東京音楽大学講師。

授業への取り組み

様々な学生達と共に勉強していく中で常に心がけていることは、学生との良好な人間関係です。まずお互いの人間性をよく理解し合いながら良い信頼関係を築くことができてはじめて、自由な音楽的発信の可能性も生まれてくると思います。お互いのコミュニケーションを大切にしつつ、学生の長所、短所を的確に見極め、素質を伸ばしていけるように各々の学生の性質と能力に合わせた指導を心がけています。
毎回のレッスンでは、音楽的、技術的問題点を1、2点に絞り、知的な理論とわかりやすい言葉、また指導者による実際の演奏によって、早急に解決へと結びつけていけるように努力しています。
最終的には、曲の全体像をきちんとつかめた上で、学生自身が何をどう表現したいのか、何を聴き手に伝えたいのか、しっかりした主張のある演奏ができるように導きながら、音楽を通じて幅広い視野を持つ自立した人間性を養っていけたらと願っています。

現在の研究テーマ・内容

ベートーヴェン; ソナタ 作品53、57、101、109、110、111  中期から後期にかけての形式と心理の変遷について
リスト; ソナタ ロ短調 様式と構成、主題労作における独自性について

主な研究活動

項目 著書、論文、演奏活動等の名称 単共の別 発行又は発表の年月(開催日時) 発行・発表雑誌、場所等の名称 概要
演奏 江澤聖子ピアノリサイタル 2008年 8月 市川市文化会館 主催/市民音楽大学講座 曲目/ショパン:舟歌作品60、幻想ポロネーズ作品61、アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ作品22、シューベルト:ソナタイ長調第13番D664、ベートーヴェン:ピアノソナタハ短調作品111
演奏 東京ニューシティ管弦楽団 第44回定期演奏会 2006年 3月 東京芸術劇場(大) 主催/東京ニューシティ管弦楽団 共演/内藤彰指揮 東京ニューシティ管弦楽団 曲目/ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11
演奏 新宿文化センター
ニューイヤーコンサート
2000年 1月 新宿文化センター(大) 主催/新宿文化振興会・新宿文化センター 共演/秋山和慶指揮 東京交響楽団 曲目/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73
演奏 東京交響楽団第442回定期演奏会 1997年11月 サントリーホール(大) 主催/東京交響楽団 共演/ユベール・スダーン指揮 東京交響楽団 曲目/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調作品37
演奏 第17回 若い芽のコンサート 1991年 1月 NHK ホール 主催/NHK交響楽団・青少年音楽日本連合(JMJ) NHKサービスセンター 共演/外山雄三指揮 NHK交響楽団 曲目/ショパン:ピアノ協奏曲第2番ヘ短調作品21

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから