学長、理事長ご挨拶

学長 梅本 実

1926年、国立音楽大学の歴史は東京高等音楽学院として始まりました。以来、本学は、幼稚園から大学院に至るまでの一貫した音楽教育を提供する、日本で唯一の私立音楽大学として成長し続けてきました。そして2026年、創立100周年という歴史的な節目を迎えます。

「くにおん新世紀」と銘打った今回の記念事業では、演奏・創作、イベント、出版、研究の4つの柱を通じて、本学の音楽文化への貢献を社会に示し、さらなる飛躍を目指します。これは、私たちがこれまで歩んできた道を振り返るだけでなく、次世代に向けた本学のコミットメントを明確にする取り組みです。

演奏・創作事業では、伝統的な西洋音楽からジャズ、現代音楽、コンピュータ音楽、そして日本の伝統音楽に至るまで、在学生、教員はもちろん、あらゆる分野で活躍する卒業生も集い、地域社会及び世界の音楽文化の振興に貢献する本学の演奏・創作活動を広く届けてまいります。また、次代を担う音楽家の育成や音楽とテクノロジーの融合の探求等により、音楽文化の多様性を広げるイベント事業、私たちの教育の成果と研究を広く社会に発信する出版事業、そして本学が誇る二つの施設、附属図書館および楽器学資料館を通じた研究事業を展開します。

創立から100年、私たちは変化し続ける世界の中で音楽教育の質を高め、音楽文化の発展に寄与してきました。この新しい世紀の幕開けにあたり、私たちは協創の教育文化と多様性を尊重し続けると共に、国内外における音楽文化のトップランナーとしての地位を確固たるものにすることを目指します。

「くにおん新世紀」は、長い年月をかけて育んできた絆を支えに、音楽の力を未来につなぎ、新たな価値を創造していく使命への挑戦です。この歴史的な瞬間を皆さまと一緒に祝い、新たな100年に向けての旅を共に歩んでいけることを心より願っています。

理事長 重盛 次正

皆様におかれましては、平素より学校法人国立音楽大学の教育・運営に格別のご支援とご理解を賜り厚く御礼申し上げます。

国立音楽大学は1926年(大正15年)に新しい理想的な音楽学校の設立と実力ある音楽家の育成を目的とし「東京高等音楽学院」の校名で創立されました。2026年(令和8年)に大きな節目となる創立100周年を迎えることになります。場所は当時、武蔵野の草深かった現在の国立市に校舎を設けました。その後大学は1966年(昭和41年)に現在の立川市へ移転しましたが、国立市の跡地は附属校が継承しています。

本学を巣立った卒業生は46千人を越えます。

本学は創立以来「自由、自主、自律の精神」を基本的理念とし、良識ある音楽家、教育家を育成し、日本および世界の文化の発展に寄与することを掲げています。芸術(音楽)の知識・技術のみならず、まさに芸術(音楽)そのものを通じた「全人教育」、すなわち「人間性の全面的・調和的発達」を目指し真摯な教育活動に支えられた質の高い音楽表現に取り組んできました。

本学は2020年にこれからの100年ビジョンとして5つの柱を定めました。その5つとは「伝統と挑戦」「音楽文化人」「一貫教育」「個の尊重とアンサンブル」「教育環境」です。

更に本学は創立100周年のテーマを「くにおん新世紀」とし、本学関係者がトップランナーとして活躍する次の100年になるようにとの願いを込めました。

これから2026年(令和8年)に向けて、様々な創立100周年事業を企画しています。

現在の大学の置かれた環境は加速度的に変化しています。またこれからの100年はAIが主体の時代になるかもしれません。長い伝統を維持しつつ様々な変化にも機敏に対応していけるよう心づもりしています。

皆さまの一層のご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP