学校法人国立音楽大学創立100周年記念事業趣意書

くにおん新世紀

学校法人国立音楽大学は、1926(大正15)年に創立された東京高等音楽学院を前身とし、附属幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、大学院を有する日本で唯一の私立音楽大学として発展を遂げ、2026年に創立100周年の節目を迎えます。創立時から息づいている「自由、自主、自律の精神」は、良識ある音楽家、教育家の育成と、国内外の文化の発展に寄与するための礎であり、これまで築いてきた100年の歴史と伝統を継承し、創造性に満ちた次の100年を歩むために欠かせない理念です。いかなる時も協創の教育文化や多様性を尊重してきた確かな基盤を支えに、これから始まる“新世紀”に向けて、国立音楽大学は日本および世界における音楽文化のトップランナーとして飛躍することを目指してまいります。

次代に生きる本学の姿を広く社会に伝えるため、2024年度から2026年度までの3年間、「くにおん新世紀」を記念事業のコンセプトとして、演奏・創作、イベント、出版、研究という4つの事業を柱に活動を展開します。100年の長きにわたり培われてきた“くにおん”の総力を尽くし、ともに歩み育ててくださった皆さまとのアンサンブルによって、音楽の力を未来へとつなぎ、新たな価値を創造する使命に挑んでまいります。

1. 演奏・創作事業

オペラや交響曲をはじめ、声楽曲や器楽曲を中心とした伝統的な西洋音楽に加え、ジャズ、現代音楽、コンピュータ音楽、日本伝統音楽等のあらゆる分野で活躍する人材を育成する本学の多様な教育・研究の成果を伝え、卒業生や地域の皆さまと共に奏でるハーモニーによって、世界の音楽文化振興に資する演奏・創作活動を展開します。

(進行中のプロジェクト)

2. イベント事業

次代を担う音楽家、教育家の育成のみならず、音楽とテクノロジーの融合を探究したり、デジタルメディアを活かした新しい表現や演出に挑戦したりすることで、多彩な音楽文化を発信する活動を展開します。

(進行中のプロジェクト)

3. 出版事業

100年の歴史と伝統を紐解き、くにおんが誇る音楽の一貫教育と、それに立脚した研究成果を広く社会へ発信し、未来に向けたコンテンツによって本学の目指すビジョンを示す活動を展開します。

(進行中のプロジェクト)

4. 研究事業

日本の音楽研究の中核を担う国立音楽大学附属図書館および楽器学資料館により、各々のコレクションを活かした研究成果を公表し、世界に向けて情報発信する活動を展開します。

(進行中のプロジェクト)

PAGE TOP