国立音楽大学

沿革

国立音楽大学の沿革を紹介します。

1926年4月
(大正15年)
本学の前身「東京高等音楽学院」設立(東京市四谷区番衆町の仮校舎で開校)。
初代学院長 渡邊 敢。
1926年11月 国立大学町に校舎竣工、移転する。
1928年12月
(昭和3年)
新交響楽団(現・NHK交響楽団)と共演、ベートーヴェン“交響曲第9番”を演奏(合唱)。
1930年9月
(昭和5年)
三室戸敬光、学院長に就任。
1940年8月
(昭和15年)
私立学校として初めて、東京府から小学校教員(音楽専科正教員)無試験検定校に認定。
1941年12月
(昭和16年)
私立の音楽学校として初めて、文部省から中等学校教員(音楽専科正教員)無試験検定校に認定。
1946年6月
(昭和21年)
土川正浩、学院長に就任。
1947年7月
(昭和22年)
「国立音楽学校」と校名変更。
1949年4月
(昭和24年)
国立中学校、国立音楽高等学校設立。(現在の国立音楽大学附属中学校、国立音楽大学附属音楽高等学校)
1950年2月
(昭和25年)
「国立音楽大学」認可。有馬大五郎、学長に就任。従来の声楽・器楽・作曲学科の他に楽理学科、教育音楽学科(日本で最初に設置)を新設。
1950年7月 国立音楽大学附属幼稚園設立。
1951年2月
(昭和26年)
法人組織を変更「学校法人 国立音楽大学」認可。
1953年4月
(昭和28年)
国立音楽大学附属小学校設立。
1963年4月
(昭和38年)
教育音楽学科に幼児教育専攻を新設。
1966年4月
(昭和41年)
上水台校舎で授業開始。
1968年4月
(昭和43年)
大学院音楽研究科(修士課程)設置。
1978年4月
(昭和53年)
大学位置変更(立川市)。
1979年4月
(昭和54年)
海老澤敏、学長に就任。音楽研究所楽器資料館開館。
1982年11月
(昭和57年)
講堂(ホール)竣工。
1988年4月
(昭和63年)
楽器学資料館(楽器資料館が音楽研究所から独立)設置。
1990年4月
(平成2年)
学科名称一部変更。楽理学科を音楽学学科、教育音楽学科を音楽教育学科とする。
音楽教育学科にピアノ教育専修を新設。
1991年4月
(平成3年)
吉田泰輔、学長に就任。応用演奏学科、音楽デザイン学科新設。
1995年4月
(平成7年)
多摩アカデミック・コンソーシアム(TAC)発足。
1999年4月
(平成11年)
植松東、学長に就任。
2000年4月
(平成12年)
音楽教育学科に学校教育専修を新設。音楽教育専修に音楽療法コースを新設。
2003年4月
(平成15年)
高野紀子、学長に就任。
2004年4月
(平成16年)
学科再編(7学科を演奏、音楽文化デザイン、音楽教育の3学科に再編)、カリキュラム改編を行う。
2006年4月
(平成18年)
創立80周年。(2004年度より3年間にわたり創立80周年記念事業を展開)
2007年4月
(平成19年)
庄野進、学長に就任。
大学院音楽研究科(博士後期課程)設置。
ウィーン音楽・演劇大学と交換留学協定を締結。
2008年3月
(平成20年)
立川市との連携・協力に関する協定を締結。
2009年12月
(平成21年)
国立台湾師範大学との協定を締結。
2011年4月
(平成23年)
演奏学科にジャズ専修を新設。
同年5月 新1号館竣工。
2012年7月
(平成24年)
カールスルーエ音楽大学との交換留学協定を締結。
2014年4月
(平成26年)
学科再編(3学科を演奏・創作、音楽文化教育の2学科に再編)、カリキュラム改編を行う。
同年7月 国立市との連携・協力に関する協定を締結。
2015年3月
(平成27年)
上海音楽学院と交流協定を締結。
チュラロンコーン大学と交換留学協定を締結。
同年4月 武田忠善、学長に就任。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから