国立音楽大学

教育理念・目標

国立音楽大学の目指すところ

バランスのとれた教育環境

国立音楽大学は、1926年(大正15年)創立の「東京高等音楽学院」をルーツとし、1950年(昭和25年)に新制大学として発足しました。以来半世紀、わが国の音楽界、および音楽教育界に数多くの卒業生を送り出してきました。そして彼らは、演奏者あるいは教育者として、またビジネスパーソンとして、日本の音楽文化の向上に大きな役割を果たしています。その活動の範囲は国内はもとより、海外にまで広がっており、21世紀の音楽文化の発信基地として、本学の役割はますます大きなものとなっていくことでしょう。

さて、音楽を専門に極めるためには、技術の向上はもちろん、感性や知性も問われます。これらを総合してではなく、一つひとつが高いレベルに達していることが求められてきます。当然ながら、けっして楽な道のりではありません。
言い換えれば、音楽を極める道とは、自分自身を極める道であり、たえず自分に挑戦し、打ち克つための行程であると思います。
国立音楽大学は、何よりも音楽を愛し、音楽へのこだわりと夢を信じ、自らの信念を貫き通す人々の学舎であることをめざしています。そのため、ソフトとハード両面において、舞台装置=優れた教育環境を常に整えておきたいと願い、たゆまぬ努力を続けています。

教育理念・目標

本学の基本的理念

自由、自主、自律の精神を以て良識ある音楽家、教育者を育成し、日本および世界の文化の発展に寄与する。

Diploma policy/くにたちが育てる学生像

豊かな音楽性を持ち、確実な技術や専門知識を備えた良識ある音楽家、教育家を育成し、幅広い分野において音楽文化を支えることのできる人材を育てます。

Curriculum policy/くにたちのカリキュラム方針

1・2年次の基礎課程において、音楽の基礎能力と基礎知識を鍛え、3・4年次の専門課程において、卒業後の進路を視野に入れた多様な目標に応じた教育を推進します。

Admission policy/くにたちが期待する学生像

高い目標を持ち、自らの能力を常に高め、新たな可能性に積極的に挑む学生、専攻の基礎能力をしっかりと身につけ、基本的な学力・理解力を持ち、意欲的に勉強に取り組む学生を受け入れます。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから