国立音楽大学

『聴き伝わるもの、聴き伝えるもの ―20世紀音楽から未来に向けて―』第12夜「ブーレーズとのレスポンソリウム」

2017年度演奏会

日程:2017年11月11日(土)16:00開演(15:00開場)

会場:国立音楽大学講堂大ホール 交通アクセス

料金:一般:1,500円/学生:500円(全席自由)

主催:国立音楽大学

後援:日本現代音楽協会、一般社団法人 日本作曲家協議会、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

助成:公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション

お問い合わせ先:国立音楽大学演奏センター Tel.042-535-9535

※15:15よりプレ・トークを行います。

プログラム・出演者

◆プログラム◆
ハインツ・ホリガー:詩篇(1971)
オリヴィエ・メシアン:「オルガンの書」より第3曲、第4曲、第6曲(1951)
森垣桂一:合奏協奏曲~フルート、クラリネット、トランペットと室内オーケストラのための~(2017年度国立音楽大学委嘱作品/ 世界初演)
ピエール・ブーレーズ:レポン~6人のソリスト、電子音響装置とアンサンブルのための~(1981-84/2005/改訂版 日本初演)

◆出演◆
板倉 康明(指揮)、森垣 桂一(作曲・指揮)、近藤 岳(オルガン)、大友 太郎(フルート)
武田 忠善(クラリネット)、山本 英助(トランペット)、今村 央子(ピアノ)、石井 佑輔(ピアノ)三浦 麻葉(ハープ)、クニタチ・フィルハーモニカー(室内アンサンブル) 他

◆企画◆
今村 央子、川島 素晴、今井 慎太郎

プログラム・出演者は、チラシ(PDF/2.3MB)でもご覧いただけます。

チケット(7月21日より発売)

一般¥1,500/学生¥500(全席自由)

チケット取扱い

※ 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により曲目・出演者等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※入場料収入の一部は本学の奨学金制度充実のための資金として、活用させていただいております。

※演奏会当日は学生駐車場が無料でご利用頂けます。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから