国立音楽大学

阪上 正巳 (さかうえ まさみ)

阪上 正巳(さかうえ まさみ)

職名:教授

所属:音楽文化教育学科

担当:音楽療法

学位:博士(医学)

プロフィール

埼玉県生まれ。1983年金沢大学医学部卒業。自治医科大学精神医学教室(宮本忠雄教授)にて精神病理学を学び,1989-1990年ウィーン大学医学部精神科に留学。同時にウィーン国立音楽大学音楽療法科聴講生として学ぶ。国立精神・神経センター武蔵病院医長を経て現在,国立音楽大学教授。医学博士,精神保健指定医,日本精神神経学会精神科専門医。著書・翻訳書:『精神の病いと音楽 -スキゾフレニア・生命・自然』(廣済堂出版,2003),『芸術療法実践講座4 音楽療法』(共編著,岩崎学術出版社,2004),『音楽療法事典[新訂版]』(共訳,人間と歴史社,2004),『文化中心音楽療法』(監訳,音楽之友社,2008)など。日本芸術療法学会理事,日本病跡学会理事,日本音楽療法学会評議員。

授業への取り組み

音楽療法とその関連領域(精神医学,各種心理学など)について,入門的な事柄から最新の研究状況まで体系的に,また高度な内容もわかりやすく講義するよう心がけている。その際,とくに音楽療法については,実際の臨床場面を紹介する映像資料や音源など視聴覚教材を多く用いて具体的かつリアルに伝えるべく努力している。

現在の研究テーマ・内容

統合失調症に対する音楽療法の効用について,医療機関における実践に基づきながら精神病理学的に研究している。また,音楽療法の基礎学として,音楽と人間の複雑な関係を考える「臨床音楽学」という新たな学問領域の可能性を探究している。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから