国立音楽大学

声楽専修

音楽学部 演奏・創作学科 声楽専修

私たちが発する声には自分自身の感性や人間性が現れます

「くにたち」の歴史と伝統ある指導法で正しい声を作ります。単なる技術だけでなく、作品の成り立ちや背景への理解を深め、自身の個性とも調和させて表現力を磨きます。

「基礎課程」では、イタリア語、ドイツ語、フランス語において、正しい発音のマスターはもちろんのこと、曲のリズムに乗った自然な発音、言葉の持つ意味を理解、微妙なニュアンスまでも身につけ、豊かな表現力につなげる技術を修得します。「専門課程」では、「歌曲ソリスト・コース」や「オペラ・ソリスト・コース」をはじめ(オーディション制)、より専門的なコースの選択が可能になるほか、指揮者やコレペティートル、合唱指導など幅広い教育を受けることも可能です。

学びの特長

歌の基本である声を正しく作ります。また歌う技術はもちろん、作品の生まれた国の成り立ちから、登場人物の性格、気質などを推考し、歌の背景を研究することで、表現を深めます。

カリキュラム

声楽専修カリキュラム

主な科目

授業風景

専門実技(声楽)

歌唱に必要な発声・呼吸法を学びます。個々の豊かな感性と表現力を育み、心に響く演奏を目指します。歌えるジャンル、言語などを広げ、徐々にレパートリーを増やします。

イタリア語・ドイツ語・フランス語ディクション

各言語の発音能力の習得及び流れにのった自然な発音を目指し、それを歌唱に生かせるようにします。

器楽表現(ピアノ)

ピアノ演奏の基本的なテクニックを習得します。伴奏の役割、機能、重要性についても学び、歌唱表現に幅を持たせます。

オペラ基礎研究

「オペラとは何か」について考察します。一本のオペラを作り上げるまでのプロセスを理解し、具体的に表現の方法を探求します。

合唱I~VI

合唱を通して、楽譜を正確かつ誠実に読む習慣、また楽譜の要求している音楽を実現するために努力する習慣を身につけます。さらにソリストの集合体としての演奏表現を目指し、古典のさまざまな音楽語法、様式を学び、加えて演奏、表現行為の歓びと厳しさを修得します。

教育目標

 本専修は、「歌うこと」がすべての音楽の基礎であるということを十分理解し、じっくりと基礎力を養い、音楽の表現力を磨き、その上に幅広い音楽的知識や一般教養を身につけることにより、豊かな感性と創造力を持った人間性あふれる音楽人を育成します。

アドミッション・ポリシー

 オペラやコンサートの演奏家としてのみならず、教育現場や社会の様々な音楽シーンでの活躍を目指す積極的な人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 基礎課程では、素直でより自然な発声をめざして「声楽の為の声づくり」を行います。必修科目として、ドイツ語、イタリア語、フランス語のディクション授業を通じて、幅広い言語による声楽表現を身につけます。専門課程ではオペラや、歌曲・オラトリオのアンサンブルなどを通して対話と協調性を学びながら、より高度な音楽性を創り上げます。

ディプロマ・ポリシー

 音楽の基礎である声楽の技術や表現を修得し、アンサンブル・合唱等の授業を通して身につけた人との協調性をもって、オペラやコンサートの演奏家のみならず、社会のあらゆる音楽シーンで対応、活躍できる人材を育成します。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから