国立音楽大学

鍵盤楽器専修

音楽学部 演奏・創作学科 鍵盤楽器専修

技術、精神力、人間力を高め人の心を捉える演奏家に

個々の学生の感性や個性を伸ばし、演奏はもちろんのこと、それに限らず音楽とともに歩む人生の実現を目指します。そのために個人レッスンに加え、1・2年次では鍵盤楽器専修の必修として「基礎研究」があり、楽譜を立体的に読むこと、舞曲のステップを実際に身体で表現すること、連弾・二台ピアノ演奏、指導法など鍵盤楽器専修生として必要なさまざまな基礎を学びます。さらに3・4年次の専門課程では、ソリストコース、ピアノコース、アンサンブルコース、指導コース等が用意されており、学生は各々の可能性を拡げて夢に向かってチャレンジできます。

学びの特長

技術と心を結びつけること、心から心へ通じるものを探し出すことが大切です。指の素早い動きや命中率だけに価値をおくのではなく、内容の込められた美しい音色を求め、思索を深めることを目指しています。

カリキュラム

鍵盤楽器専修カリキュラム

主な科目

授業風景

専門実技(ピアノ)

ピアノの基本的な技術を学ぶと共に、豊かな表現力を養い、時代様式にそった演奏法を習得します。

専門実技(オルガン)

オルガン奏法の知識、技術(運指法、アーティキュレーション、タッチ、ペダリング等)を学び、各時代のレパートリーを習得します。

専門実技(電子オルガン)

基礎テクニックの見直しから編曲・作曲の技法、さらにソロの作品の創作まで幅広く学びます。また演奏力の向上、構成を把握した演奏を追究し「自分の音楽」としてアピールできる表現を習得していきます。

鍵盤楽器基礎

クラス授業(講義・ディスカッションなど)で、「リズム」「メロディー」「ハーモニー」を一体として学びます。楽譜に書かれたものを単に音にするだけでなく、より音楽的に演奏する表現力・読譜力を身につけます。

ピアノコンチェルト・アンサンブル演習

2台のピアノによるアンサンブル特有の演奏法を身につけるレッスンです。2台のピアノのために創作された作品に関する知識を深め、楽器のセッティングによる意思伝達方法の違いも学びます。

ピアノ指導研究入門

ディスカッションや模擬授業を通し、良きピアノ指導者の育成を目指します。指導実習へ向けてピアノ指導に必要な表現法や練習法などについて学びます。

鍵盤楽器講義(鍵盤楽器学)

鍵盤楽器の構造や機能、さらには音階、音律などについて幅広く学びます。

鍵盤楽器講義(ピアノ教材研究概論)

さまざまな国の代表的なピアノ教則本を研究し、歴史的背景や教育理念、指導法などを学び、それらを実践につなげていくための知識の習得を目指します。

声楽表現

歌唱を通して歌う喜びを培い、豊かな表現力を養います。演奏の基本となる歌うこと、呼吸法を学ぶことで楽器演奏にも幅を持たせます。

教育目標

 本専修では幅広い音楽的知識、確かな演奏技術と表現力の修得を通して、演奏家、指導者などさまざまな音楽分野で活躍できる力を養成します。更に音楽のみならず広く社会に貢献できる見識を備えた人材を育成します。

アドミッション・ポリシー

 演奏家、指導者として社会で活躍することを望み、真摯に音楽と向き合い、意欲を持って自己を高めようと努力できる人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 基礎課程では、音楽の三要素であるリズム、メロディー、ハーモニーを一体として学び、音楽的表現に結びつけ実際の演奏に活かすことができる技能を修得するとともに、鍵盤楽器学や楽曲の分析、演奏解釈など、演奏の基盤となる音楽的知識を身につけます。
 専門課程では、作品分析や教材研究を含めたより専門的で多角的な知識を深めます。個々の希望や進路に沿ってアンサンブルや指導法などを学ぶこともでき、様々な音楽分野や社会での実践力を高めます。
 基礎課程、専門課程を通じて学ぶ専門実技では、各時代、様式の広範なレパートリーを修得することにより、自己表現を可能とする真の演奏技術を磨きます。

ディプロマ・ポリシー

 確かな教養的学知の上に音楽について深く考える事ができると共に、創意工夫を重ね自己表現を可能とする高い演奏技術を身につけている事が必要です。様々な音楽分野、社会で活躍する為に、真摯に音楽と向き合い芸術を探求する力、行動する力が求められます。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから