国立音楽大学

鍵盤楽器専修

音楽学部 演奏・創作学科 鍵盤楽器専修

「弾き手としての魅力」を発見し、引き出す

学生の感性や個性を伸ばし、演奏はもちろん、それに限らず音楽とともに歩む人生の実現を目指します。個人レッスンに加え、1・2年次では必修として「鍵盤楽器基礎」があり、楽譜を立体的に読む、舞曲のステップを実際に身体で表現する、連弾・2台ピアノ演奏、指導法など鍵盤楽器専修生として必要なさまざまな基礎を学びます。さらに3・4年次では、「鍵盤楽器ソリスト・コース」「ピアノ・コース」「アンサンブル・ピアノ・コース」「ピアノ指導コース」等が用意されており、学生は各々の可能性を広げて夢に向かってチャレンジできます。

学びの特長

  • さまざまな分野で生かせる音楽性と知性を育てる
  • 一人ひとりの個性と感性を重んじた教育
  • 連弾、アンサンブルをはじめとしたグループレッスンの充実

カリキュラム

鍵盤楽器専修カリキュラム

授業紹介

専門実技(ピアノ)

ピアノの基本的な技術を学ぶとともに、豊かな表現力を養い、時代様式にそった演奏法を修得します。

専門実技(オルガン)

オルガン奏法の基礎的知識と、運指法やアーティキュレーション、タッチなどの技術の修得、さらにはバロック奏法の確立を目標とします。

専門実技(電子オルガン)

基礎の見直しから編曲・作曲の技法、ソロ作品の創作まで学び、「自分の音楽」としてアピールできる表現を修得していきます。

ピアノ指導研究

各学生が1名のスクーリング生を2年間指導し、適切な指導の在り方を探究しながら実践的な力を身につけ、質の高い指導者を目指します。

鍵盤楽器基礎

ピアノ演奏の基礎となるリズム・メロディー・ハーモニーを一体として学び、より音楽的に演奏できる表現力・読譜力を身につけます。

アンサンブル演習

弦・管楽器とのアンサンブルに必要な知識や技術、さらには心構えを会得し、ピアノの役割を考慮した演奏力と問題解決能力を養います。

在学生メッセージ

「プロの演奏を間近で聴く」ことが一番の勉強に

中村 このみさん
NAKAMURA Konomi
演奏・創作学科 鍵盤楽器専修(ピアノ) 4年
宮城県泉館山高等学校 出身

個人レッスンではプロの演奏を隣で聴けるので毎回新たな発見があり、演奏に対する意欲が高まります。鍵盤楽器の歴史や作品分析、演奏法など幅広い授業が開講されており、そのすべてがピアノの上達に結びついています。学年が上がるにつれ、より専門的な授業が増えるので、毎年成長を実感しながら勉強に励むことができます。

教員メッセージ

芸術は到達することのない道

三木 香代
MIKI Kayo
鍵盤楽器専修
専門:ピアノ

どれだけ練習を重ねたとしても、ゴールがないのが芸術の分野です。教員であれ学生であれ、日頃から研鑽を積み、常により良い音楽を追い求める姿勢が大切です。授業においては、音楽を探究する上でいろいろな発見があり、私自身、学生と一緒に学んでいるという気持ちでいます。またそうした姿を見せることで、学生が自ら音楽を感じ創造する力を育んでほしいと考えています。

プロフィールはこちら

教育目標

  本専修では幅広い音楽的知識、確かな演奏技術と表現力の修得を通して、演奏家、指導者などさまざまな音楽分野で活躍できる力を養成します。更に音楽のみならず広く社会に貢献できる見識を備えた人材を育成します。

アドミッション・ポリシー

演奏家、指導者として社会で活躍することを望み、真摯に音楽と向き合い、意欲を持って自己を高めようと努力できる人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

  基礎課程では、音楽の三要素であるリズム、メロディー、ハーモニーを一体として学び、音楽的表現に結びつけ実際の演奏に活かすことができる技能を修得するとともに、鍵盤楽器学や楽曲の分析、演奏解釈など、演奏の基盤となる音楽的知識を身につけます。  専門課程では、作品分析や教材研究を含めたより専門的で多角的な知識を深めます。個々の希望や進路に沿ってアンサンブルや指導法などを学ぶこともでき、様々な音楽分野や社会での実践力を高めます。  基礎課程、専門課程を通じて学ぶ専門実技では、各時代、様式の広範なレパートリーを修得することにより、自己表現を可能とする真の演奏技術を磨きます。

ディプロマ・ポリシー

確かな教養的学知の上に音楽について深く考える事ができると共に、創意工夫を重ね自己表現を可能とする高い演奏技術を身につけている事が必要です。様々な音楽分野、社会で活躍する為に、真摯に音楽と向き合い芸術を探求する力、行動する力が求められます。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから