国立音楽大学

ジャズ専修

音楽学部 演奏・創作学科 ジャズ専修

心に魅せる音楽を生み出し、次世代に伝えていける人に

クラシック音楽を基礎とした、本学独自のメソッドで学びます。ジャズ専門実技として各専攻楽器のレッスン、専門楽器奏法として、ピアノ専攻ではピアノ・ボイシングス研究、ベース専攻ではベース・ライン研究、ドラムス専攻ではリズム・パターン研究など専攻楽器の専門技術を学ぶ他、リズム・トレーニング、ジャズ・アンサンブル、ビッグバンドといった授業を通して、複雑なリズムの楽しみ方、深厚なハーモニー、メロディーの作り方を身につけたり、ステージングや音楽レコーディングの実習も行います。どんなジャンルや音楽でも理解し、演奏し、そして創造していくことのできる、大きな視野を持ったジャズ演奏家を育てます。

学びの特長

第一線で活躍している音楽家が師として、先輩として、時に仲間として一人ひとりと向き合い、導きます。クラシック音楽を基礎に、実践と理論を並行して指導することで、音楽家としての視野を広げます。

カリキュラム

ジャズ専修カリキュラム

主な科目

専門実技(ジャズ)

各専攻楽器の担当者による専攻レッスン

クラシック基礎実技

各専攻楽器の基礎奏法をクラシック・メソッドにより学ぶレッスン。

即興演奏

ジャズ・インプロヴィゼーションを本学独自のメソッドにより学びます。

スタイル分析

ハービー・ハンコック、チック・コリア、マイルズ・デイヴィス等のスタイル変遷を研究、分析。

専門楽器演習

ピアノ専攻ではピアノ・ボイシングス研究、ベース専攻ではベース・ライン研究、ドラムス専攻ではリズム・パターン研究など、専攻楽器別クラスにて、専攻楽器専門技術を学びます。

ジャズ・アンサンブル

スイングのリズムに対する意識の持ち方を習得。楽譜に表記できないリズムを体感し、また変拍子のリズムも学習します。後期では、テーマ(曲)を基にして即興でイントロからエンディングまで演奏する技術と知識を学んでいきます。

教育目標

 本専修は、ジャズという音楽において最も大切な要素であるリズムを基盤に、演奏技術を磨き、音楽的知識を身につけ、様々な分野や場面で活躍できる人材を育成します。

アドミッション・ポリシー

 本気で音楽と向かい合える人、そして音楽に謙虚である人、教員と一緒に良い音楽を創って行ける次世代の音楽家を目指す人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 演奏中に刻々と変化する音楽の状況に対し、的確に対応できる柔軟で応用力のある知識と実践力を身につけます。その為にも勉強したことが単なる知識に留まらぬよう、理論と実践を常に並行して学び、即興演奏能力を養います。
 基礎課程では、ジャズに限らず広い視野に立ち音楽の基礎を学びます。そしてジャズの最も重要な要素であるリズムを大切にアンサンブル能力を高めます。専門課程においては、基礎課程で習得した知識や技術をさらに深く掘り下げるために、様々なスタイルの知識を深め、高度な作編曲の技術も学びます。また学外でのレコーディングやコンサートの実習を通し実践的な体験を積みます。

ディプロマ・ポリシー

 卒業後に出て行く音楽の現場では、習得したアンサンブル能力、即興能力、作編曲能力が最大限に生かせるような応用力と柔軟性が求められます。その為に、表現者としての手段である高い演奏技術や幅広い音楽知識を身につけることが必要です。また、人の和の中で活動していく上での協調性のある適切な行動力が必要とされます。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから