国立音楽大学

弦管打楽器専修

音楽学部 演奏・創作学科 弦管打楽器専修

音と心のハーモニーを響かせ合うそれが「アンサンブルする」ということ

基礎課程より弦・管・打楽器それぞれの同属楽器によるアンサンブルをカリキュラムの根幹とし、さらに木管や金管アンサンブル、吹奏楽、オーケストラなどの混合編成によるアンサンブルへと段階的に演奏の幅を広げます。さまざまな“アンサンブル教育”を展開することで、多様な価値観を持つ人々との協調性と総合的な技能を身につけます。同時に、多くの場面で演奏する機会と音楽的な知識や学びを通して、社会において必要かつ極めて重要なコミュニケーション能力を養うことで、ソリスト、管弦楽、吹奏楽、室内楽奏者のみならず、音楽を必要とするさまざまな分野で活躍できる人材を育てます。

学びの特長

基礎課程では、音楽理論からピアノ、声楽、語学まで幅広い知識、表現力を身につけ個々の楽器の基本技術を高めます。専門課程に進み将来を見据えたコースを選択し、より高いスキルを身につけることができます。

カリキュラム

弦管打楽器専修カリキュラム

主な科目

授業風景

専門実技(弦管打)

各専門楽器それぞれの音楽、演奏技術をより広く深く高いレベルに到達するための指導を受けます。個人演奏はもとより、その演奏力を室内楽、オーケストラ、吹奏楽などの集団演奏においても発揮できるようにしていきます。

アンサンブル

アンサンブルに必要な、音でコミュニケーションを取るための基礎知識と技術を習得します。

声楽表現

声楽の基礎である呼吸法による発声法を学び、また、声楽曲や声のアンサンブルを通して音楽表現を高めることで、専攻楽器をより音楽的に演奏することに役立てます。

器楽表現(ピアノ)

ピアノ演奏の基本的なテクニックを習得します。正しい読譜、理解に基づいて、自分の感じた音楽を豊かに表現できるようにします。

管弦楽

オーケストラの知識、慣習、奏法、アンサンブル、指揮者とのコンタクトなど基本的学習と、共同体の一員としての責任感を養います。オーケストラの名曲を著名な指揮者、ソリストと協演、一流ホールでのコンサートなどモチベーションの高い演奏授業を行います。

吹奏楽

ブラスオルケスター、あるいはシンフォニックウインドアンサンブルにより幅広い音楽ジャンルを演奏体験し、訓練された高いレベルのアンサンブルと表現力をコンサートの場で発揮します。

管弦楽法BI・II

作曲家が生み出す個性豊かなオーケストラの仕組みを知り、曲の理解を深め、演奏、作曲・編曲へのアプローチを学びます。

教育目標

 本専修は豊かな音楽性及び幅広い音楽的知識と技術を学び、多様な価値観を持つ人々との協調性を身につけ、ソリスト、管弦楽、吹奏楽、室内楽奏者のみならず、様々な音楽を必要とされる分野で活躍できる人材を養成します。

アドミッション・ポリシー

 基本的学力と音楽的知識及び演奏技術を意欲的に学び、音楽の持つ力を活かし、様々な分野において、積極的に社会貢献を希望する人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 ソリスト、管弦楽、吹奏楽等の演奏家としてのみならず、社会人としても必要かつ極めて重要なコミュニケーション能力を身につけるために基礎課程より同族楽器によるアンサンブルをカリキュラムの根幹に採用。専攻楽器の質の高い個人レッスンと、内容の充実した「くにたち」の一般教養科目を学ぶことで、多種多様な文化、社会において柔軟に対応できる音楽社会人としての総合的な力を身につけます。専門課程には、演奏家としてより高度な演奏能力と芸術性を身につけることを目的とする「ソリストコース」の他、必修及び選択科目として、オーケストラ奏者を志す者の為に、実践的な経験を積むことのできる「オーケストラ・スタディ」があります。また、管弦楽、吹奏楽、室内楽等の科目において、学内外で開催される様々な演奏会を目標として、人との協調性を軸に、ひとつの音楽を全員で作り上げる心と技術を磨きます。

ディプロマ・ポリシー

 幅広い音楽的知識及び技術を学び、音楽の力を活用し、様々な文化や社会において積極的に活動する能力の修得が求められます。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから