国立音楽大学

作曲専修

音楽学部 演奏・創作学科 作曲専修

高い美意識と豊かな想像力を持ったスペシャリストを養成します

1・2年次では、自己表現に必要な基礎的技術や知識、音楽の常識などを構築しつつ、自らの発想と音楽的判断を磨きます。3・4年次ではより専門的な分野に挑戦。今日にふさわしい独創的、先端的な作品を創作する「現代音楽創作コース」、音楽理論のスペシャリストとして優れた指導者を目指す「作曲理論コース」、映画音楽等の作編曲に必要なより実用的な技法、知識を学ぶ「実用音楽コース」があります。
それぞれの専門性を磨きながら、外来の著名作曲家による公開講座などに参加し、より広い視点で捉える創造性を身につけます。また、演奏家志望の他学科の友人との交流も多く、曲を作る上での大きなメリットとなっています。

学びの特長

1・2年次で学んだ基礎的要素を踏まえ、3・4年次では、より専門性を重視しながら、広い視野で捉える創造性を身につけます。

カリキュラム

作曲専修カリキュラム

主な科目

授業風景

和声I~IV

古典派の和声のみではなく、ロマン派、近代にも幅を広げさまざまな様式での和声を学びます。和声を書くことによって、無駄のない高度の声部書法、バランス、全体の構成を学び、知的で繊細な耳を養うことができます。

対位法I~IV

対位法的な書法の実習。対唱の書き方、転調の仕方、自由唱の書き方や休ませ方、響の密度や全体のヤマの作り方など、フーガを緻密に学びます。多数のフーガや実作品の分析も行います。

作曲I~VIII

古典から現代曲までの幅広い音楽作品に触れ、創作のための方法論を考察し、独創性、想像力の展開を図ります。独自の視点による作品創作実習では、作品、作品のスケッチ、作品の構想プログラムのいずれかを提出します。

アナリーゼI~IV

アナリーゼの基礎を習得します。和声構造の分析・全体の構造分析を通じて作品の音楽的必然性を見抜く思考力を身につけます。自己の創作・演奏に役立てる広い視野を獲得し、豊かな想像力と表現力を磨くために多くの実作品を用います。

教育目標

 本専修では、音楽作品創作に必要な技術、知識、教養、経験を体系的に身につけることにより、独創的な表現の可能性を探求し、各人の志向に応じて作曲家、編曲家等、自由な発想と審美眼を合わせ持つクリエーターとして、あるいは作曲理論やソルフェージュのエキスパートとして、社会と文化の発展に貢献できる人材を養成します。

アドミッション・ポリシー

 和声学等の作曲の基礎的な知識と、音楽を通じて表現する意欲を持った人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 基礎課程では、和声学、対位法、楽器法、コンピュータ活用法等の学習により、創作の基礎力を養成し、さらに専門課程では、様々なジャンル(現代音楽・作曲理論・実用音楽)、様々なカテゴリー(オーケストラ・合唱・吹奏楽等々)に亘り、各人の興味と方向性に沿った専門性の高い内容を学習します。いずれの課程においても、毎年度実施される「作品演奏審査会」をはじめ、多くの実演の機会が設けられており、「作品を音にする」ことについて実践的に学ぶことができます。また、専修が企画する演奏会や学外講師を招いた講演会なども多く、創作と表現についての広い視野を得ることができます。

ディプロマ・ポリシー

 まず、作曲家、編曲家、あるいは作曲理論やソルフェージュの指導者として活動するための基本的な能力を修得していることが求められます。その上で、自らの志向と適性に応じて、創造的な表現者・教育者として、社会の中で勇気と自信を持って活動できる力を得ていることが期待されています。

外部リンク

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから