国立音楽大学

音楽文化教育学科

概要

幅広い分野において、多様な音楽文化を支え、発展に貢献する人間性豊かな「音楽文化人」を養成

授業風景

 音楽文化教育学科では、音楽の高い技能と幅広い知識を活用し、よりよい社会の実現をめざして、多様な音楽文化を支え、その発展を積極的に推進していくことのできる人間性豊かな「音楽文化人」を養成します。
 音楽科教員、幼稚園教諭、音楽療法士、音楽指導者、さらにはジャーナリズム、研究、企画・制作・運営など、幅広い分野において活躍できる人材を目指します。専修(専攻)のカリキュラム以外にコースとして開設された科目群も履修することで、専門分野以外での技能や知識を修得して、将来の職業選択の可能性を広げることができます。

教育目的

 本学科は、音楽の高い技能と幅広い知識を活用し、よりよい社会の実現をめざして、多様な音楽文化を支え、その発展を積極的に推進していくことのできる人間性豊かな「音楽文化人」を養成します。

アドミッション・ポリシー

 本学科では、音楽の基礎的な技能と知識をもち、大学での学修を通して、技能の向上と知識の修得に励み、将来、音楽を通して、音楽教育、音楽療法、音楽情報の各分野において、社会貢献することを希望する人材を求めます。

カリキュラム・ポリシー

 本学科は音楽文化教育専攻と幼児音楽教育専攻の2専攻に分かれます。
 基礎課程においては、学科の共通必修科目として、「音楽ICT演習」、「音楽・学び・情報」、「音楽・心・身体」、「音楽・社会・キャリア(仕事)」を履修します。また専門課程では、学科の共通選択科目として、「Music Cultures in Japan」を履修することもできます。
 基礎課程では、基礎的な音楽的技能と知識の修得をめざし、専門課程において、各専攻・専修の専門分野を学びます。またコースとして開設された科目群を履修することで、専門分野以外での技能や知識を修得することも可能です。
 4年次には、卒業研究等をまとめ、大学での学修の成果をまとめます。

ディプロマ・ポリシー

 音楽を通して積極的に社会に対して働きかけることのできる、社会人として必要な力を修得していることが求められます。すなわち、音楽の高い技能や幅広い知識を通してコミュニケーションする力、人間理解や共感する力、社会のニーズを探知できる客観的でクリティカルな見方、さらに課題を発見して積極的に解決しようとする行動力などを身につけていることが必要です。

音楽教育専修

広く豊かな人間性を備えた音楽教育者への道を目指します

音楽教育専修

音楽の専門科目と教職科目や教養科目とのバランスを重視しながら、幅広い教養を身につけ、広く豊かな人間性を備えた「音楽教育者」を育てることを目的としています。『基礎課程』では、全学共通の基礎科目によって専門的な基礎をしっかり養成。並行して音楽教育のための基礎・基本となる各種の講義、演習、実技表現を学習します。『専門課程』では、全員が音楽教育に関係のある専門ゼミを選択し、より広く高度な学習ができます。また、希望と選抜によって音楽教育系に設けられた「コミュニティ音楽」「吹奏楽指導者」「学校教育」「ダルクローズ・リトミック専門」などのコースを履修できるほか、演奏・創作系のコースを履修する道も開かれています。

※音楽教育専修を卒業しても、教員免許状は取得できません。上記の学習のほかに教職課程の履修が必要です。

音楽療法専修

音楽が持つ秘めたる“パワー”を「音楽療法」を通じて学びます

音楽療法専修

1・2年次で学んだ基礎的要素を踏まえ、3・4年次では専門的な知識を学び、そのプロセス、職業倫理、研究方法などを修得、特に心身障害児を対象とするケースでは、子どもの障害の状態に応じた音楽療法の効果などについて研究します。さらには障害児だけでなく、精神疾患患者、高齢者等さまざまな対象の音楽療法についても学びます。また、音楽療法士資格をめざす学生のために「音楽療法士コース」が用意されています。なお、同コースは、他学科の学生も履修をめざし選抜試験を受けることが可能です。

音楽情報専修

幅広い視野と柔軟性を持ち、社会に向けて音楽に関する情報を発信

音楽情報専修

音楽に関わる情報を広く探索し、音楽の成り立ちやしくみ、社会における音楽の役割などについて考え、その成果を社会に発信する方策を学ぶことで、ジャーナリズム、研究、企画・制作・運営などの分野で活躍できる人材を養成します。1・2年次には音楽の基礎的な技能を身につけ、3・4年次には、編集やマネージメントの実践的学修、インターンシップによる実務体験、音楽学の講義やゼミ、楽器製作など、さまざまな領域での実践・応用力を身につけます。最先端の音楽活動に密着した学びから、研究者としての基礎づくりまで、この専修での取り組みには無限の可能性があります。

幼児音楽教育専攻

幼稚園教諭希望者の就職率は100%。幼児を対象とした音楽指導技術とともに、コミュニケーション能力も磨きます

幼児音楽教育専攻

幼児を対象とした音楽技術とともに、コミュニケーション能力も磨き、本学の伝統である音楽性豊かな幼稚園教諭を育成します。1・2年次では、全学共通の基礎科目によって音楽的能力を高めるとともに、幼稚園教諭に必要な内容の科目や実技表現を並行して学習。3・4年次では、幼稚園教諭として必要な科目の履修とともに、一層力量を高めるための「表現教育」他、本学独自の演習授業を履修します。さまざまな専門の科目を履修できるほか、音楽教育系のコースや他のコースへの挑戦も可能です。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから