国立音楽大学

バッハ演奏研究プロジェクト(部門)

2010年度 バッハ演奏研究プロジェクト(部門)

研究会

研究課題

近年、バッハの演奏法は、資料研究や演奏実践についての研究成果、またそれに伴う古楽器演奏の復興により、大きく変化しています。この部門では、「バッハの作品をどう演奏するか」を研究対象として、ピアノ部門と声楽部門を設け、J.S.バッハの鍵盤作品、声楽作品の両面から新しいバッハ演奏を追及していきます。活動は大学院の授業とも連携をとりながら進められます。

  1. ピアノで弾くバッハ(ゴルトベルク変奏曲)
  2. 声楽作品の演奏研究

活動日

原則として、毎週火曜日

メンバー

主任所員 礒山雅(教授)
所員 小泉惠子(教授)
加藤一郎(准教授)
小川哲生(准教授)
加納悦子(准教授)
大塚直哉(講師)
渡邊順生(講師)
研究員 狩野賢一
神林紘一
小藤洋平
杉村俊哉
藤井雄介
湯川亜也子
大西律子
尾崎温子
西澤央子
助手 永田美穂

活動予定、内容等詳細は「音研・バッハ部門ホームページ」をご覧ください。

以前の活動内容

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから