国立音楽大学

キャンパス整備計画について

新1号館・完成

―学生が自らにチャレンジするための最適な「舞台装置」を創り出します―

2010年2月より工事が始まり、2011年7月完成、9月より使用が開始された新1号館。レッスン室、アンサンブル室、演奏スタジオを備え、レッスン室は全室南側に配置されています。これらの施設は、音響の専門家とともにモデルルームを作り、実験を重ねたデータを基に、これまでにない最高の音響環境(音響空間)の完成を目指しました。

耐震補強工事

大学3号館外観(2012年度工事完了)
大学3号館外観(2012年度工事完了)

―先進の技術で「伝統」と「安全」を守る―

学校法人国立音楽大学では経営計画を策定し、安全で、充実した持続可能な教育環境の整備を計画的に進めています。
これまでに幼稚園及び小学校の校舎を建替えた他、法人内各施設の耐震工事を継続的に実施しています。
主な耐震補強工事は、次の通りです。

大学5号館外観(2013年度工事完了)
大学5号館外観(2013年度工事完了)

<大学>
体育館(2008年度完了)
2号館(2009年度完了)
3号館(2012年度完了)
5号館(2013年度完了)
4号館(2016年度完了)

<附属中学校・高等学校>
2号館(2011年完了)
1号館(2012年完了)

大学4号館外観(2016年度工事完了)
大学4号館外観(2016年度工事完了)

1号館耐震改築(7号館建設)

50年間にわたり、多くの卒業生を送り出してきた1号館が2017年5月をもってその役目を終え、取り壊されました。
1号館にあった食堂、学生ホール、喫茶店等の機能は改築という形で新たに建設される7号館内へ設けられます。

1号館耐震改築工事の完了をもって、本学ではすべての校舎の耐震化が完了します。
(7号館は2018年冬 竣工予定)

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから