国立音楽大学

丸山 和範 (まるやま かずのり)

丸山 和範(まるやま かずのり)

職名:准教授

所属:演奏・創作学科

担当:音楽理論

学位:芸術学士

プロフィール

作編曲家・ピアニスト コンテンポラリーな作品を追求する傍ら様々なTV番組や映像の為の音楽制作、CD録音、コンサート、音楽番組などでの作編曲・演奏を行っている。主な作品:NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』、NHK『にっぽん心の仏像』、NHKスペシャル『イスラム潮流』『激動地中海』『アフリカ・ゼロ』『アフリカ21世紀』『ユーラシア』、NHK金曜時代劇『江戸女飛脚人情お届けします』、NHK土曜ドラマ『繋がれた明日』『庭師サッチャン』、テレビ朝日ドラマ『雨と夢のあとで』、TBSドラマ『失業白書』『熱中家族』『赤い奇跡』、テレビ東京ドラマ『赤い月』『密命』、テレビ朝日『零のかなたへ』『ドクVSデカ~心療内科医&殺人課刑事の捜査ファイル』『仮面ライダー龍騎』、日テレドラマ『プリマダム』、NHKニュース『おはよう日本』など。フジテレビ系ドラマ『古畑任三郎』『いいひと』『コーチ』『勝利の女神』等では編曲など。その他アニメ音楽『トランスフォーマー』『花咲か天使テンテン君』『ボンバーマンジェッターズ』など多数。編曲はNHK名曲アルバム、NHKBS『シネマパラダイス』『ふたりのビッグショー』をはじめ様々な音楽番組の編曲多数。
東京芸大作曲科卒。現在国立音楽大学作曲科准教授、東京芸大講師。ベルリンフィル室内楽による『日本叙情歌集』CD発売。ジェームス・ゴールウェイ(fl)により、BBC放送で拙作アレンジが放映される(1994)。ジョンウィリアムス作品をボストン交響楽団室内楽に編曲しCDにした折、ジョン氏より「原曲のスピリットを生かし室内楽として新たに生まれ変わった」と評される。2000のカウントダウン世界劇『源氏物語』(なかにし礼脚本演出)では編曲担当。2008年3月~NHK-BS2『あなたの街でコンサート』オーケストラ序曲、編曲担当。2009年6月公開日韓米合作ハリウッド映画『The Harimaya Bridge』音楽。

授業への取り組み

ポピュラー音楽及び映像における音楽、メロディー作曲と編曲に対する理論システム構築。また、それらについての指導法も研究開発への取り組みを行っている。つまり、ジャズ理論を基にして未だ構築がなされていないジャズ以外の各種ポピュラー音楽の成り立ちを、理論とシステムを明らかにし、実例と共に有効に理解させる方法を研究している。又、映像と音楽についての理論やシステムについて理解させる指導法を構築している。メロディー作曲法は、歌詞とメロディーとの関係を、演習を通して探求させ、様々なアプローチが可能な事を認識させ、その各自作メロディーに対して、コード付け、楽曲構成(イントロ、間奏、エンディング、サビなどの形成)、アレンジ要素(ベース、アカンプ、バッキング、フィルインなど)の形成を演習させる事により、編曲のプロセスを学習させている。

現在の研究テーマ・内容

クラッシック音楽では理論が発達しているが、私はクラッシックのみならず、各種ポピュラー音楽についての講義を複数持っているので、比較的ジャズは理論が構築されているが他のポピュラー音楽には未だ理論が不十分であるので、これらの研究に取り組んでいきたい。映像と音楽の関係についての研究もまだ始まったばかりであるし、論文や学術書も少ない。従って、これについても十分研究の余地が残されているので取り組んでいきたい。

主な研究活動

項目 著書、論文、演奏活動等の名称 単共の別 発行又は発表の年月(開催日時) 発行・発表雑誌、場所等の名称 概要
作曲 NHKホリデーインタビューテーマ曲 2010年 3年 NHK 2010.4.1.から「ホリデーインタ ビュー」のテーマとして使用される
作曲 ユニバーサルジャパン平成22年度テーマ曲 2010年 2月 ユニバーサルジャパン 2010.4.1から使用されるメイ ンテーマ
作曲 ミュージカル「幻の蒼きイサザ」 2010年 2月 滋賀県栗東芸術文化会館さきら 2010.3.21,22公演
作曲 明治座「篤姫」音楽 2010年 1月 明治座 2010.2月公演「篤姫」劇場音楽
演奏 インタビュー及び自作品※の放送 2010年4月 New York The J-Pop Exchange radio program on WVCR 88.3 FM -New York

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから