国立音楽大学

東京芸術劇場presents 井上道義&読売日本交響楽団 マーラー/交響曲第8番『千人の交響曲』

2018年度演奏会

日程:2018年10月3日(水)19:00 開演(ロビー開場18:00)

会場:東京芸術劇場コンサートホール

料金:有料(全席指定)S:7,000円 A:6,000円 B:5,000円 C:4,000円 D:3,000円 高校生以下:1,000円

主催:東京芸術劇場

お問い合せ先:東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 (休館日を除く10:00-19:00)

プログラム・出演者

詳細は、下記ホームページ(外部リンク)よりご確認ください。

東京芸術劇場

指揮:井上道義

ソプラノⅠ(いと罪深き女):菅英三子
ソプラノⅡ(贖罪の女):小川里美
ソプラノⅢ(栄光の聖母):森麻季
コントラルトⅠ(サマリアの女):池田香織
コントラルトⅡ(エジプトのマリア):福原寿美枝
テノール(マリア崇拝の博士):フゼヴォロド・グリヴノフ
バリトン(法悦の教父):青戸知
バス(瞑想する教父):スティーヴン・リチャードソン

首都圏音楽大学合同コーラス
TOKYO FM 少年合唱団
読売日本交響楽団

マーラー作品と相性の良い東京芸術劇場で、得意のレパートリーでは他の追随を許さない井上&読響による“千人” いよいよ公演決定!

井上道義、最高のメンバーを迎え、満を持してのマーラー"千人"!

故シノーポリ&フィルハーモニア管による1990年オープニングシリーズでのマーラーツィクルスを初め、2012年リニューアル時にはインバル&都響によるマーラーツィクルスなど、折にふれマーラーの大編成交響曲に相応しい音響と規模を有したコンサートホールとして当劇場は認識されている。

今シーズンは、野田秀樹演出『フィガロの結婚』を初めとする全国共同制作オペラシリーズを筆頭に数多くの公演で頻繁に登場し、当コンサートホールの音響性能、構造を熟知したマエストロ、井上道義が読売日本交響楽団を指揮し『千人の交響曲』を取り上げる。

ソリストには、井上が全幅の信頼を寄せる、日本とヨーロッパでマーラーやワーグナーをレパートリーとする実力派をキャスティング。コーラスには首都圏音楽大学による選抜メンバー(上野学園大学、国立音楽大学、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、桐朋学園大学)及び、児童コーラスとして我が国随一の実力を誇るTOKYO FM 少年合唱団による総勢260名強の大コーラスを編成。
当劇場の大舞台を全面的に活用し、その音響性能に相応しい"正統"のマーラー"千人"がついに公演決定!

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから