国立音楽大学

博士後期課程 − 外国人留学生志願者への注意事項 −

注意)2017年度入試から、日本語試験が変わりました。
外国人留学生の出願資格に以下の内容が追加されますのでご注意ください。

*大学院(博士後期課程)
日本留学試験(日本語)または日本語能力試験を受験していること。日本留学試験の場合は2016(平成28)年度以降に受験したもの、日本語能力試験の場合は、声楽・器楽・創作はN3以上、音楽学・音楽教育学はN2以上を受験していること。

日本留学試験のホームページはこちら
日本語能力試験のホームページはこちら

出願要件(出願資格)

  1. 入学時までに出入国管理および難民認定法による在留資格を「留学」に変更または更新できる者。ただし、「永住者」を除く。
  2. 2018年度国立音楽大学大学院音楽研究科(博士後期課程)学生募集要項 13ページ「7.出願資格」1)〜5)のいずれかに該当すること。
  3. 確実な身元保証人がいること。身元保証人は、日本国内に居住し、一家計を立てる成年者で、本人の学費と一身上に関する一切の責任を負うことのできる者であること。
  4. 日本留学試験(日本語)または日本語能力試験を受験していること。
    ※ 日本語能力試験については、声楽・器楽・創作はN3以上、音楽学・音楽教育学はN2以上とする。

提出に関する注意

外国人留学生志願者は、2018年度国立音楽大学大学院音楽研究科(博士後期課程)の受験に際し、下記の書類を提出すること。

  1. 入学願書(本学所定用紙)
    必要事項を記入し、写真を貼付する。
  2. 受験票(本学所定用紙:写真貼付)
    必要事項を記入し、写真を貼付する。
  3. 成績証明書
    修士課程のもの。 ※日本語訳を添付する(ただし、本学大学院修士課程修了見込みの者は提出不要)。
  4. 修士課程修了証明書または修了見込証明書
    修了証明書が提出できないときは、修了証書原本の写しを提出する。 ※日本語訳を添付する。
  5. 日本語試験関係書類
    次の i または ii のうちいずれか1つ(1回分のみ)
    1. 日本留学試験(日本語)の「成績通知書」または「受験票」の写し
      ※提出可能なものは、2016年4月以降実施分のみとする。
    2. 日本語能力試験の「日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書」
      ※声楽・器楽・創作はN3以上、音楽学・音楽教育学はN2以上のものとする。
      ※取得年度は問わない。また、写しではなく、原本を提出すること。
  6. 写真
    (縦4cm×横3cm)正面、上半身、脱帽、背景なし、3ヶ月以内に撮影したものを2枚用意する。
    ※1枚は入学願書、1枚は受験票に貼付。
  7. 健康診断書
    書式・検査項目は指定しないが、受診3ヶ月以内のもので、胸部エックス線検査は必ず含むものとする。日本語以外による証明の場合は、「日本語訳」を添えること。
  8. 入学検定料振込金受付証明書貼付票(本学所定用紙<入学願書裏面>)
    学生募集要項13ページ「8. 2)入学検定料」参照のこと。銀行収納印を受けた振込金受付証明書を貼付し、氏名を明記する。
  9. 受験票返信用封筒(定形封筒:長形3号)
    出願者が2018年1~2月中に居住している日本国内の住所、あるいは郵便物が確実に届く日本国内の住所ならびに出願者氏名を明記する。 ※切手362円分を貼付する。
  10. 成績概要送付用封筒(長形3号サイズの封筒とする)
    住所、氏名を明記。切手不要。詳細は学生募集要項15ページ「9)成績概要送付用封筒」参照のこと。
  11. 論文等の提出物
    出願先の研究領域によって異なるので、学生募集要項で確認のこと。
  12. 身元保証書(本学所定用紙)
    保証人は日本に居住している者で、試験期間中、在学中の身元および経費の一切について保証できる者。なお、身元保証人の保証能力を示す資料の提出を求めることがある。また、保証人が在日外国人の場合は在留カードの写し(両面)を添付する。
  13. 在留カードの写し(両面)
  14. 入国査証の写し
    出願時に有している場合のみ提出する。
  15. 旅券(パスポート)身分事項ページの写し
  16. 外国人志願者調書(本学所定用紙)

在留資格

入学時に出入国管理および難民認定法による「留学」の在留資格を有すること。(永住者を除く。)

出願及び受験に関する注意

  1. 外国から郵送で出願する者は、出願書類を書留にし、2018年1月12日(金)から同年1月19日(金)の期間内に届くようにすること。
    ※ 締切日必着。なお、締切日前の郵便局の消印があっても期間中に届かなかった場合は受け付けない。
  2. 受験の際、在留カードを持参すること。

合格後に関する注意

授業開始後一週間を過ぎても来学しない場合は入学を取り消す。

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから