国立音楽大学

外国人留学生入試(音楽学部)

注意)2017年度入試より、日本語試験が変わります。詳しくはこちら

外国人留学生入試について(2017年度)

出願についての詳細は必ず該当年度の「外国人留学生募集要項」をご覧ください。要項は一般入試の入学試験要項に含まれています。要項をご希望の方は「要項請求フォーム」からご請求ください。

募集学科

演奏・創作学科 声楽、ピアノ、オルガン、電子オルガン、弦管打楽器※1、ジャズ※2、作曲、コンピュータ音楽
音楽文化教育学科 音楽教育、音楽療法、音楽情報、幼児音楽教育

※1 弦管打楽器の内容

  • 弦楽器:ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ハープ
  • 管楽器:フルート、オーボエ、クラリネット、サクソフォーン、ファゴット、ホルン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ
  • 打楽器

※2 ジャズの内容

  • ピアノ、ベース、ドラムス、ギター、サクソフォーン、トランペット、トロンボーン

出願できる学科・専修(専攻)等は上記のとおりで、第1志望のみとします。また募集年次は第1学年のみで、中途年次への編入は募集しません。

出願資格

外国籍を有し、外国において、学校教育における12年の課程を修了した者、及び2017年3月31日までに修了見込みの者、またはこれに準ずる者で、文部科学大臣の指定した者。
なお、次の条件をすべて満たしていることが必要です。

  1. 入学時に「出入国管理及び難民認定法」による「留学」の在留資格を有していること。
  2. 入学後は他の学生と区別なく授業を受けるに足る日本語の能力を有すること。
  3. 人物優秀で身体強健であること。
  4. 確実な身元保証人がいること。身元保証人は、日本国内に居住し、一家計を立てる成年者で、本人の学費と一身上に関する一切の責任を負うことのできる者であること。
  5. 日本留学試験(日本語)または日本語能力試験を受験していること。日本留学試験の場合は2015(平成27)年度以降に受験したもの、日本語能力試験の場合はN2以上を受験していること。

出願期間

2017年1月11日(水)~1月19日(木)
※期間内必着。速達簡易書留にしてください。

出願書類

  1. 出願書類
    留学生用の出願書類は12月上旬より配布の予定ですので、教務課まで問い合わせてください。
  2. 成績証明書[単位修得証明書](12年の課程の最終学校のもの)
  3. 卒業(見込み)証明書(12年の課程の最終学校のもの)
  4. 推薦書・・・・12年の課程の最終学校長の推薦書
  5. 在留カードの写し(両面、出願時に日本国内在住の者のみ)
  6. 入国査証の写し
  7. 身元保証書・・・・本学所定用紙。身元保証人は、日本国内に居住している方で、試験期間中・在学中の身元および経費の一切について保証できる方です。
    なお、身元保証人の保証能力を示す資料の提出を求めることがあります。
  8. 検定料・・・・43,000円の郵便為替
  9. 次の①または②のうちいずれか1つ(1回分のみ)
    ①日本留学試験(日本語)の「成績通知書」または「受験票」の写し
    ※提出可能なものは、2015(平成27)年度以降実施分のみとする。
    ②日本語能力試験の「合否結果通知書」または「日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書」
    ※N2以上のものとする。
    ※取得年度は問わない。また、写しではなく、原本を提出すること。

以上の書類にはすべて日本語訳を添え、速達簡易書留で郵送してください。
年号は西暦を用いて記入してください。なお、追加の資料の提出を求めることがあります。

選考方法

実技、日本語試験(日本語による作文<試験時間60分>)、および面接
※選考は日本人の一般入学試験の日程内に行います。

試験科目

    • 専攻試験[各専修(専攻)等の専攻科目]
    • 声楽(コンコーネ)[音楽教育専修、音楽療法専修、幼児音楽教育専攻のみ]
    • 器楽:
      • ピアノ[声楽専修・弦管打楽器専修・作曲専修・音楽教育専修・音楽療法専修・幼児音楽教育専攻のみ]
      • 演奏[音楽情報専修のみ(楽器の指定なし)]
    • 日本語[全学科]
    • 面接[全学科]

課題内容と詳細については、「2017年度入学試験要項(一般入試)」をご覧ください。

お問い合わせ窓口

教務課(入試担当)
TEL:042-535-9536

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから