国立音楽大学

入試Q&A

音楽学部

音楽学部の入試に関する主な質問をまとめました。

Q1:入試要項はいつ、どのようにして受け取れますか?

A:

次年度の入試要項(一般入試、一般公募推薦入試、特別給費奨学生入試)の入試要項は夏期受験準備講習会の初日、8月1日からお配りします。夏期受験準備講習会の受講者には受付時にお渡しします。また、自己推薦入試(AO入試)は6月1日より配布を開始いたします。3年次編入学試験の要項は6月中旬頃、本学公式Webサイトにアップいたします。いずれも書店等での取扱いはしておりません。
入試要項の請求先:広報センター(TEL042-535-9500)

Page Top

Q2:入学願書(出願書類)はいつ、どのようにして受け取れますか?

A:

一般入試の出願書類は12月中旬に配布いたします。受験準備講習会を申し込んだ方やカリヨン・パル会員で受験生に該当する方には、大学から一斉にお送りします。また、入試要項に願書の請求方法を記載してありますので、上記以外の方々もそれに準じてお申し込みください。また、自己推薦入試(AO入試)の出願書類は7月1日より、一般公募推薦入試および特別給費奨学生入試の出願書類は8月1日より配布を開始いたします。なお、3年次編入学試験の出願書類は、事前審査の合格者の方にお送りします。いずれも書店等での取扱いはしておりません。
出願書類の請求先:教務課 入試担当(TEL042-535-9536)

Page Top

Q3:推薦入試について教えてください。

A:

一般公募推薦入試についてはこちら、特別給費奨学生入試についてはこちら、自己推薦入試(AO入試)についてはこちらをご参照ください。その他、大学では校名を公表しておりませんが、過去の現役入学者の実績に基づき、全国で数十校を対象とした指定校制による推薦入試を実施しています。また、附属高校からの推薦制度もあります。

Page Top

Q4:出願はどのようにおこなうのですか?

A:

入学検定料を出願期間内に銀行に振り込み、その振込証明書を願書の所定位置に貼付します。そのほか調査書等の必要書類を本学所定の封筒に入れて、速達簡易書留にしてください。出願期間外のものは受け付けませんので十分ご注意ください。窓口受付はしておりません。書類に不備があると受験できなくなりますので、前もって入試要項で確認しておいてください。

Page Top

Q5:地方から受験しますが、宿泊場所の紹介はしてもらえますか?

A:

紹介しています。詳細については、入試要項等でご案内いたします。

Page Top

Q6:入試期間中のスケジュールを教えてください。

A:

おおまかな流れは入試要項に載っています。出願者へは、試験日までにさらに詳しい日程や時間を記した「実施要項」(時間割)をお送りします。

Page Top

Q7:入試期間中練習用のピアノの貸出はありますか?

A:

学内のピアノ、電子オルガン練習室が利用できます(一部有料)。利用方法、時間帯などの詳細は実施要項でご確認ください。

Page Top

Q8:受験の際の服装は?

A:

特に決まりはありません。節度のあるマナーを心がけたうえで、演奏しやすい服装、あるいは試験を受けやすい服装で受験してください。なお、上履きを用意する必要はありません。

Page Top

Q9:合格発表はどうやっておこなわれるのですか?

A:

一般入試合格者の受験番号は学内に掲示します。なお、補助的な手段として携帯電話やスマートフォン、およびパソコンから合否の確認ができる「合否結果照会システム」を実施します。操作方法については受験生にお知らせいたします。
また、一般公募推薦入試および特別給費奨学生入試は本人・学校長宛郵送のみをもっておこないます。

Page Top

Q10:入試の成績を知ることはできますか?

A:

(一般入試のみ)受験者のうち残念ながら不合格となった方へは、入試の成績概要を3月中旬までに通知します。合格者(第2志望合格者含む)には通知いたしません。

Page Top

Q11:2次募集はありますか?

A:

2次募集は実施しておりません。

Page Top

Q12:合否はどのように決まりますか?(一般入試)

A:

一般入試では、合否の判定をコンピュータ処理による<専攻>と<合計点>の分布表によっておこなっています。つまり、専攻と専攻を除いた科目の合計点にそれぞれボーダーラインを設け、両方のボーダーラインを突破した者のみ合格とするシステムです。ただし、音楽文化教育学科の音楽教育専修は声楽、器楽、新曲視唱の合計点とその他の合計点の分布表、音楽療法専修では専攻と声楽・器楽の合計点とその他の合計点の分布表を、幼児音楽教育専攻は国語・外国語の合計点と音楽科目の合計点の分布表を、それぞれ出して判定します。実技だけでなく、学科試験を含めた全科目に着実な成績をあげることが何よりも大切です。音楽を専攻するために必要な広範囲にわたる基礎知識を身につけているかどうかをみるために実施されるのが入学試験だからです。したがって、いずれかの科目で得点にならないような低い得点をとると、それだけで不合格となるごく稀なケースがあります。また、課題曲違いをすると失格となりますので、注意してください。

Page Top

Q13:実技の採点官は何人くらいいるのですか?

A:

専攻をはじめとする実技試験の採点については、複数の採点官の採点を平均化するなど客観的な採点システムが採用されています。科目によって人数は異なりますが、たとえば、一般入試の声楽とピアノの専攻実技では、10名前後の採点官がつきます。各採点官がつけた点数は最高点と最低点を切り捨てた残りの点数を合計し、それから算出した平均が受験生の得点となる方法がとられています。それは、どこまでも厳正を期すためで、ある一個人の採点官の判断によって決定的に得点が左右されることは決してありません。

Page Top

Q14:学科試験はどの程度の問題が出るのですか?(一般入試)

A:

一般入試で行われる国語と外国語は、基礎的な問題を中心に、高校までにどの程度の実力を身につけているかを判定するための学科試験です。学科試験には平素の地道な積み重ねが大切です。出題はすべて高校の教育課程の中からおこなわれていますから、教科書をマスターしておくことが何よりも先決でしょう。過去問題も公表していますので参考にしてください。実技でどれだけ高得点をマークしても、学科試験の点数が悪ければ当然合格点に影響しますから、一科目ごとの得点を着実にあげることを心掛けてください。なお、2014年度入学試験より、大学入試センター試験での受験も可能になりました(本学独自試験と大学入試センター試験のどちらかを選択)。

Page Top

PAGE TOP

お問い合わせ・資料請求
学校案内、入学要項などをご請求いただけます
資料請求
その他、お問い合わせはこちらから